ミュゼ

イージス艦とコンテナ船が衝突する海難事故 アメリカ海軍7人が行方不明

最終更新■

静岡県下田市の沖合で6月17日、アメリカ海軍のイージス艦とコンテナ船が衝突する海難事故が起きました。7人が行方不明になっている模様。

発表によりますと6月17日午前2時30分ころ、下田市から南東方向に約20km離れたの沖合で、フィリピン船籍のコンテナ船の乗組員から「アメリカ海軍のイージス艦と衝突した」などと第3管区海上保安本部に通報があったということです。

この通報を受け海上保安本部らが現場に駆けつけたところ、全長154m・8315tのアメリカ海軍横須賀基地のイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」と、全長222.6m・2万9060tのフィリピン船籍のコンテナ船「ACXCRYSTAL」が衝突していました。

イージス艦には約300人の乗組員がおり、このうち乗組員7人が行方不明となっています。また、この事故で艦長と乗組員2人の計3人が負傷しました。コンテナ船にはフィリピン人の乗務員20人がいましたが、幸いケガ人は出ていません。

海上保安部によりますと、イージス艦は右の側面の真ん中付近が大きく破損し、航行不能ということです。なお、浸水しているということですが、沈没の可能性はありません。

フィリピン船籍のコンテナ船は船首左舷に衝突の跡がありますが航行可能ということで、17日夕方ころには東京都の大井埠頭に入る予定です。

イージス艦は16日、横須賀基地を出港し通常任務にあたっており、コンテナ船は名古屋から東京に向かっていた模様。

現時点では、イージス艦とコンテナ船が衝突した事故原因などについての詳しい情報はわかっておりません。

この海難事故に対してインターネット上では「イージス艦そんな簡単に衝突されて大丈夫?」「本当に弾道ミサイルの対処能力あるか心配」「駆逐艦って高性能のレーダー積んでるんじゃないの?」「色々不安になる事故です」などと様々な声が多数見られました。

海上保安部は、乗務員などから事情を聴くとともに、回避義務はどちらにあったのかなどについて詳しく調べています。

イージス艦とコンテナ船が衝突する海難事故のニュースキャプチャ画像

画像出典:ANN

激しくつぶれ・・・イージス艦、横須賀へ 艦長も搬送か

2017/6/17 12:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

関連法定刑

関連する犯罪の法定刑

業務上過失致傷罪…5年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金
業務上過失致死罪…5年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金

イージス艦とコンテナ船が衝突する海難事故…Twitterでの反応

下田市の沖合で、アメリカ海軍のイージス艦とフィリピンのコンテナ船が衝突した海難事故で、乗組員7人が行方不明になっていることなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

海難事故現場付近(静岡県下田市)場所の地図

以下、イージス艦とコンテナ船が衝突した海難事故現場付近・静岡県下田市の地図(Googleマップ)。

この記事について

2017年6月17日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.