ミュゼ

新名神高速の工事現場で事故 作業員が800㎏の鉄板の下敷きになり死亡

最終更新■

大阪府箕面市下止々呂美にある新名神高速の工事現場で6月19日、作業員が鉄板下敷きになり死亡する事故が起きました。

発表によりますと6月19日午後0時40分ころ、箕面市下止々呂美にある新名神高速道路の工事現場で、関係者から「作業員1人が鉄板の下敷きになった」などと、消防局に119番通報があったということです。

この通報を受け救急隊や警察官らが現場に駆けつけたところ、40代の男性作業員が鉄板の下敷きになり意識不明の状態で倒れていたということです。

男性は病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けましたが、間もなく死亡が確認されました。

当時、鉄板(重さ・800㎏、縦約3m、横約1,5m、厚さ・2㎝)をトラックのクレーンで吊り下げて地面に敷き詰める作業をしていた際、何らかの原因でフックが鉄板から外れたということです。

その際、鉄板の下にいた男性作業員が鉄板の下敷きになった模様。事故現場は、新名神高速の上り線の建設工事中でした。

現時点では、フックが鉄板から外れた事故原因や、安全面に問題はなかったのかなどの詳しい情報はわかっておりません。

この事故に対してインターネット上では「新名神は呪わている」「新名神での事故多すぎ」「800㎏の鉄板の下敷きだとぺちゃんこだろうな」「新名神ヤバすぎ」などと様々な声が多数見られました。

大阪府警は、工事の関係者などから事情を聴くとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

関連する犯罪の法定刑

業務上過失致傷罪…5年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金
業務上過失致死罪…5年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金

新名神高速の工事現場で死亡事故、800㎏の鉄板が作業員に落下…Twitterでの反応

箕面市下止々呂美にある新名神高速の工事現場で、作業員が約800㎏の鉄板の下敷きになり死亡した事故について、Twitter上でも大変な話題となっていました。

死亡事故現場付近(大阪府箕面市下止々呂美)場所の地図

以下、作業員の上に鉄板が落下した事故現場付近・大阪府箕面市下止々呂美の地図(Googleマップ)。

この記事について

2017年6月19日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 匿名

    ご冥福をお祈りいたします

    それにしても、この工事と関係あるんか知らんけど、箕面の山のへん遠くから見てもどんどんハゲていってる気がする

    土砂災害とか大丈夫なんかな

    自然破壊してまでこの道いる?

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.