別府地獄めぐりに男性の遺体 温泉にうつ伏せで浮いた状態 身元不明

最終更新■

大分県別府市鉄輪の温泉で7月1日、男性の遺体が見つかりました。事件や自殺などの可能性も視野に捜査。

発表によりますと7月1日午前6時10分ころ、別府市鉄輪にある観賞用温泉「別府地獄めぐり」で、男性職員から「男性の遺体が温泉に浮いている」などと、大分県警別府署に110番通報があったということです。

この通報を受け別府署の署員らが現場に駆けつけたところ、白色のポロシャツと紺色のジーンズをはいた男性が温泉にうつ伏せの状態で浮いていたということです。男性はその場で死亡が確認されました。なお、遺体に致命傷とみられる外傷は無かった模様。

男性の遺体が見つかった温泉は、赤色や青色など様々な色に染まった湯を見て回る「別府地獄めぐり」の一つです。また、この温泉の湯の深さは約75cm、水温は約36℃でした。

別府署によりますと、前日の6月30日は午後5時まで営業していたということですが、営業終了前に職員が温泉を点検した際に遺体は無かったということです。

現時点では、遺体で見つかった男性の身元や死因などについての詳しい情報はわかっておりません。

この遺体が見つかったことでインターネット上では「地獄めぐりで遺体が見つかったとか不気味」「地獄で遺体?鬼の仕業?」「別府の温泉で自殺か」「事件だとしたら犯人は鬼かな?」などと様々な声が多数見られました。

別府署は事件や事故や自殺など様々な可能性を視野に、男性の身元の確認を急ぐとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

別府地獄めぐり温泉に男性の遺体、…Twitterでの反応

別府市鉄輪にある観賞用温泉「地獄めぐり温泉」で男性の遺体が見つかったことなどについて、Twitter上でも大変な話題となっていました。

遺体発見現場(大分県別府市大字鉄輪)場所の地図

以下、男性の遺体が温泉に浮いた状態で見つかった現場・大分県別府市大字鉄輪559番地1の地図(Googleマップ)。

この記事について

2017年7月1日

編集部


その他


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.