生後3ヵ月の赤ちゃん置き去り事件 10時間放置で死亡 大阪府住之江区

最終更新■

大阪府住之江区の集合住宅で、生後3ヵ月乳児10時間置き去りにし死亡させたとして、大阪府警は7月18日、保護責任者遺棄の疑いで夫婦を逮捕しました。

保護責任者遺棄の疑いで逮捕されたのは、大阪市住吉区に住む自営業の父親(36)、大阪市住之江区に住む妻(19)です。

発表によりますと両容疑者は7月16日午後11時ころ~17日午前9時ころまで、大阪市住之江区の集合住宅2階の一室に生後3ヵ月の乳児を置き去りにした疑いが持たれています。

当時、夫婦は別居しており、妻は乳児にミルクを飲ませてベッドで寝かしつけた後、部屋の冷房をつけたまま家を出たということです。その後、妻は待ち合わせをしていた夫と車でホテルに向かい外泊した模様。

妻は外出してから約10時間後の17日午前9時10分ころに帰宅したところ、乳児はうつぶせの状態で息をしていなかったということです。

妻から連絡を受けた夫が「子供が息をしていない」などと消防局に119番通報したことで発覚しました。

この通報を受け救急隊が駆けつけ、乳児を病院に救急搬送しましたが、搬送先の病院で間もなく死亡が確認されました。

警察での取り調べに対して両容疑者は「何度か息子を寝かせて外出していた」「大丈夫だとおもった」などと供述し、容疑を認めています。

現時点では、死亡した乳児の死因などについての詳しい情報は不明です。

この事件に対してインターネット上では「赤ちゃん放置して遊びに出るとかありえない」「10時間放置ってヤバくない?」「うつぶせで窒息死か?」「この夫婦頭おかしい」などと様々な声が多数見られました。

大阪府警は保護責任者致死の疑いも視野に、両容疑者から事情を聴くとともに、死因などについて詳しく調べています

関連する犯罪の法定刑

保護責任者遺棄罪…3月以上5年以下の懲役
保護責任者遺棄致死罪…保護責任者遺棄罪と傷害致死罪とを比較し、重い刑により処断する

生後3ヵ月の乳児を10時間放置し死亡、大阪府住之江区…Twitterでの反応

大阪府住之江区の集合住宅で、夫婦が生後3ヵ月の乳児を自宅に残して外出、10時間後に帰宅したところ乳児が死亡していた事件について、Twitter上でも大変な話題となっていました。

置き去り事件現場付近(大阪府住之江区)場所の地図

以下、生後3ヵ月の乳児を10時間放置し死亡させた事件現場付近・大阪府住之江区の地図(Googleマップ)。

この記事について

2017年7月18日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.