虐待入院の子供が病院でも虐待 点滴に排泄物、骨折入院後さらに骨折

最終更新■

虐待の疑いなどで病院に入院した子供が、2015年~2016年の2年間で2000人以上にのぼり、そのうち28人は入院中にも虐待を受けていたことがわかりました。

小児科医らによる調査チームが今年1月、全国963病院を対象にアンケートを郵送したところ、うち約47%の454病院から回答があったということです。

その内容によると、虐待の疑いなどで入院した子供の人数は2年間で2363人、うち治療が終わったにも関わらず5日以上退院することができなかった子供は356人、病院内で保護者から虐待を受けた子供が28人いたということです。

退院することができなかった理由として、病院は児童相談所から「子供を親元には戻せない。しかし児童養護施設などにも空きがない」と言われたケースが大半を占めていたとのこと。

なかには最大で約9ヶ月ほど退院できなかった子供もいました。

アンケートに回答しなかった病院や、表面化しなかったケースなども含めた場合、さらに多くの子供たちが被害を受けている可能性があります。

虐待で入院後に病院内でさらに被害 点滴に排泄物も

2015年~2016年の2年間に限らず、保護者による病院内での虐待については、計65人が確認されたということです。

さらに半数以上にあたる35人のケースでは、死亡に繋がりかねない極めて重度な虐待だった模様。

窒息による低酸素脳症で入院していた女児が保護者により大腿骨を骨折させられたケース、睡眠薬を飲まされたケース、肋骨を複数骨折していた子供が母親との面会のあとに新たな骨折が判明したケース、感染症で入院した子供に布団をかぶせて布団の上から殴るケース、子供の点滴に排泄物や異物を混入するなど、悪質な虐待が多数含まれていました。

これらの調査結果を受けて、厚生労働省は近く、全国の児童相談所を対象に実態調査を行う方針を固めたということです。

関連する犯罪の法定刑

殺人未遂罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役
傷害罪…15年以下の懲役または50万円以下の罰金
暴行罪…2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金、または拘留もしくは科料

入院中の病院でも子供を虐待…Twitterでの反応

虐待で入院した子供が、入院先の病院でもさらに虐待を受けているという実態について、Twitter上では怒りの声が多数みられました。

この記事について

2017年7月21日

編集部


その他


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.