肝試しの男子高校生らを書類送検 心霊スポットの旅館「千歳楼」に侵入

最終更新■

愛知県春日井市玉野町の廃業した旅館に侵入したとして、高校生9人が書類送検されました。肝試しのために侵入した模様。

軽犯罪法違反の容疑で書類送検されたのは、愛知県内の男子高校生9人。

発表によると男子高校生らは6月23日夜、春日井市玉野町にある旅館「千歳楼」で、立入禁止の張り紙を無視して敷地内に侵入した疑いが持たれています。

警察に対して9人は「肝試しをしようと思って行った。インターネットで肝試しの場所を調べて、電車で行ける距離の場所を探した」などと話しています。

現場の旅館ではこれまでに不審火が10件ほど相次いでおり、愛知県警は引き続き警戒を強めています。

心霊スポット?旅館「千歳楼」とは

高校生らが侵入した「千歳楼」は、JR定光寺駅からほど近い場所にあり、1928年に創業された旅館です。

1990年代前半に人気を集めるなどした過去がありましたが、その後徐々に客足が減っていったということです。その後、2003年に破産。

さらに2012年には敷地内から白骨遺体が見つかるなどしたことから、インターネット上では「心霊スポット」として有名になっていました。

破産後は誰も管理をしていないことから、建物内には旅館で使用していた布団が放置されているほか、窓ガラスが割れたまま放置されており、「廃墟」の状態となっています。

現場には立入禁止の張り紙がされていますが、心霊スポットとして有名なこともあり、不法侵入や不審火などが相次いでいる模様。

スポンサーリンク

肝試しの男子高校生らを書類送検…Twitterでの反応

立入禁止の旅館に立ち入ったとして、肝試しをした男子高校生らが書類送検されたニュースを受けて、Twitter上でも大変な話題となっていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

事件現場付近(愛知県春日井市玉野町)場所の地図

以下、男子高校生が侵入した旅館・愛知県春日井市玉野町「千歳楼」の地図(Googleマップ)。

スポンサーリンク

この記事について

2017年7月28日

編集部


その他


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.