新宿区の専門学校に爆破予告メール 元在校生の19歳少年を書類送検

最終更新■

東京都新宿区専門学校爆破予告のメールを何度も送ったとして、警視庁は威力業務妨害の疑いで少年を書類送検しました。

威力業務妨害の疑いで書類送検されたのは、新宿区にある爆破予告のあった専門学校の元在校生で江戸川区に住む無職の少年(19)です。

発表によりますと少年は今年1月~2月にかけて、在籍していた新宿区内にある専門学校に対して「爆弾を仕掛けた」「2週間以内に爆破させる」などという内容のメールを19回も送りつけ、業務を妨害した疑いが持たれています。

この爆破予告を受け専門学校は、臨時休校の対応を取り警備員の人数を増やし警備の強化にあたりました。

爆破予告のメールは少年が自宅のパソコンから送っていたということですが、発信元をわからなくする匿名化ソフト「Tor」が使われていたということです。

しかし、メールの内容などから少年が関わった可能性が出たため、警察が事情を聴いたところメールを送信したことを認めた模様。

警察での取り調べに対して少年は「学校になじめなくてイライラした気持ちをぶつけるために爆破予告のメールを送った」などと供述し、容疑を認めています。

この事件に対してインターネット上では「学校に恨みでもあったのか?」「少年の爆破予告事件多いな」「爆破予告は大体いたずら」などと様々な声が多数見られました。

警視庁は威力業務妨害の疑いで、少年から事件に至った経緯や犯行動機などについて詳しく調べ書類送検しました。

東京都新宿区の専門学校に爆破予告のメールのニュースキャプチャ画像

画像出典:JNN

関連する犯罪の法定刑

威力業務妨害罪…3年以下の懲役または50万円以下の罰金

新宿区の専門学校に爆破予告事件、元在校生を書類送検…Twitterでの反応

新宿区の専門学校に、爆破予告メールを19回送りつけて業務を妨害した事件で、元在校生の少年が書類送検されたことなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

爆破予告のあった場所付近(東京都新宿区)場所の地図

以下、爆破予告のあった専門学校付近・東京都新宿区の地図(Googleマップ)。

この記事について

2017年8月1日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.