暖や秋田大学病院前店で日本酒と洗剤を間違え提供 飲んだ女性2人が嘔吐

最終更新■

秋田県秋田市広面蓮沼の飲食店で、洗剤の入った日本酒の瓶を誤って客に出し、飲んだ女性2人が嘔吐などの症状を訴えていたことがわかりました。

発表によりますと8月19日夜、秋田市広面蓮沼にある飲食店「暖や秋田大学病院前店」で、従業員がアルカリ洗剤の入った日本酒の瓶を誤って客に提供したということです。

20代の女性客らは注文した日本酒と思い、アルカリ洗剤を飲みました。その後、洗剤を飲んだ女性客らは喉や口の痛み、嘔吐などの症状を訴えたということです。

女性客2人は病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けたところ、口の中がただれていました。このうち1人は現在も入院して治療を受けている模様。

暖や秋田大学病院前店では洗剤を日本酒の空き瓶に小分けにして、冷蔵庫で保管していました。

この飲食店を経営する株式会社アトムは取材に対して「お客様に多大なる苦痛とご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます」「同じことがないよう再発防止に向けて指導します」などと謝罪しました。

この事故にインターネット上では「日本酒の香りがしないので気付かなかったの?」「洗剤を出すとかすごいな」「この店行った事ある」「洗剤を日本酒の空き瓶に入れた間違えるだろ」などと様々な声が多数見られました。

暖や秋田大学病院前店は21日から5日間、営業停止処分となっています。

暖や秋田大学病院前店で日本酒と洗剤を間違え提供のニュースキャプチャ画像

画像出典:NNN

関連する犯罪の法定刑

業務上過失致傷罪…5年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金

暖や秋田大学病院前店で日本酒と洗剤を誤って提供…Twitterでの反応

秋田市広面蓮沼の暖や秋田大学病院前店で、日本酒と間違えて洗剤の入った瓶を客に出し、女性らが嘔吐などの症状を訴えたことなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

混入事故現場(秋田県秋田市広面蓮沼)場所の地図

以下、日本酒の瓶に洗剤が混入した事故現場・秋田県秋田市広面蓮沼16−1「和処ダイニング 暖や 秋田大学病院前店」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2017年8月22日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.