新名神で死亡事故 工事現場で19歳作業員が転落死 ネット上で「呪い」

最終更新■

大阪府箕面市下止々呂美の新名神の工事現場で9月12日、男性が高所に設置された足場から転落し死亡する事故が起きました。業務上過失致死の疑いも視野に捜査。

この事故で死亡したのは、大阪市にある建設会社の作業員の男性(19)です。

発表によりますと9月12日午前4時20分ころ、箕面市下止々呂美の新名神高速道路の工事現場で、作業員から「男性作業員が足場から転落した」などと、消防局に119番通報があったということです。

この通報を受け救急隊や警察官などが現場に駆けつけたところ、男性作業員が約30mの高さから転落し倒れていました。

男性作業員は病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けましたが、全身を強く打っており間もなく死亡が確認されました。

この工事現場では11日午後9時ころから、建設中の「箕面とどろみIC(インターチェンジ)」につながる橋桁付近の足場の撤去作業が行われていました。

事故当時、現場周辺では雨が降っており、男性作業員は雨で足を滑らせ転落した可能性もあるとみられています。

他の作業員らは警察の調べに対して「転落を防ぐための安全帯を着用して作業していた」などと説明しました。

この事故に対してインターネット上では「新名神でまた死亡事故か」「呪われてるのかな?」「19歳の少年が亡くなったのか」「これだけ事故が多発すると事件だろ」などと様々な声が多数見られました。

大阪府警箕面署は業務上過失致死の疑いも視野に、作業員などから事情を聴くとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

過去にも多数の死亡事故「呪い」という声も

新名神高速道路では2016年4月に神戸市北区で橋桁が落下する事故が起き、作業員2人が死亡、8人が重軽傷を負っていました。

さらに、2016年10月には兵庫県猪名川町の工事現場で作業員が高所から転落し死亡しており、今年6月にも箕面市で作業員の上に鉄板が落ち、下敷きとなり死亡していました。

新名神では、ここ2年以内に工事現場で4件の事故が起きており、作業員5人が死亡しています。

これらのことを受けTwitter上では「これだけ人が死ねば呪いだろ」「新名神は確実に呪われています」「新名神、ヤバイな・・・」などというツイートが多数見られました。

j_工事現場で足場作業の画像

関連する犯罪の法定刑

業務上過失致死罪…5年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金

新名神で死亡事故、19歳の作業員が転落死…Twitterでの反応

箕面市下止々呂美の新名神高速道路で、19歳の作業員が高さ約30mの地点から転落し死亡した事故について、Twitter上でも大変な話題となっていました。

死亡事故現場付近(大阪府箕面市下止々呂美)場所の地図

以下、19歳の男性作業員が死亡した事故現場付近n・大阪府箕面市下止々呂美の地図(Googleマップ)。

この記事について

2017年9月12日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 此処に来ての新シリーズ

    低級霊ハンターに頼むパターン。

  2. ムギオ

     新名神の死亡事故の背景には、超突貫作業に追い込んだNEXCOの進め方にあることは関係者の誰もが思っていること。国交省、知事、監督署の権限で元を正していただきたい。

  3. 時腹

    ご冥福をお祈りします

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.