九州でエイズ患者・HIV感染者が急増 昨年と比べ6割増 福岡県を中心

最終更新■

九州エイズ患者やエイズウイルス(HIV)感染者が急増していることがわかりました。

発表によりますと九州地方で2015年と比較し、福岡県を中心にエイズ患者やHIV感染者が急増しているということです。

エイズ発生動向調査によりますと、2016年の福岡県の新規患者・感染者数は、エイズ患者46人・HIV感染者46人の計96人と過去最多となっているということです。2015年と比べ約6割も増えており、特に40代~50代が増加している模様。

また、佐賀県では9人、熊本県では19人と過去最多人数となっています。地域別では九州が合計169人で、2015年より3割以上も増加しています。

感染者の多いアジアとの往来が増えてウイルスが持ち込まれるケースや、予防啓発活動の不十分さが一因とみられています。

エイズ患者やHIV感染者が増加した原因は、HIV感染者の多いアジアとの往来が増え、ウイルスが持ち込まれていることや、予防啓発活動の不十分さとみられています。

AIDS/HIV総合治療センターの山本政弘部長は、このエイズ患者・HIV感染者の急増を受け「福岡でのHIV感染の広がりが九州全体に広がっていると思われる」「患者の比率から、実際の感染者はかなり多いはず」などと話しました。

インターネット上では「HIV怖いなあ」「まともな性教育せんからやん」「九州でHIVが増えてるだと・・・疑いのある人病院へGo」「HIVって完治するんか!?」などと様々な声が多数見られました。

九州でエイズ患者・HIV感染者が急増の画像

九州でエイズ患者・HIV感染者が急増、福岡を中心に…Twitterでの反応

九州でエイズ患者やエイズウイルス感染者が昨年と比べ6割も増加していることなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

エイズ感染者急増場所付近(福岡県)場所の地図

以下、エイズ患者・HIV感染者が急増している場所付近・福岡県の地図(Googleマップ)。

この記事について

2017年9月19日

編集部


その他


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.