スズメバチに50分間・150ヵ所刺され車椅子の女性死亡 愛媛県大洲市

最終更新■

愛媛県大洲市長浜町で、車椅子の女性が約50分間にわたって大量のスズメバチに刺され死亡していたことがわかりました。

発表によりますと9月11日午後4時ころ、大洲市長浜町で、「女性がスズメバチに複数ヵ所刺されている」などと、消防局に119番通報があったということです。

この通報を受け救急隊らが現場に駆けつけたところ、大洲市に住む菊地チヱ子さん(87)に大量のスズメバチが群がっていたということです。

救急隊らはスズメバチが大量にいたことで近づけずレスキュー隊を要請、スズメバチが菊地チヱ子さんから離れたのを見計らって救出しました。

菊地チヱ子さんは病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けましたが、大量のスズメバチに全身を刺されており、翌日に死亡が確認されました。

菊地チヱ子さんは50分間にわたり、全身約150ヵ所以上を刺されていた模様。

菊地チヱ子さんさんは大洲市内にある福祉施設の帰りでした。福祉施設によりますと、菊地チヱ子さんは送迎車を降り、施設の職員の付き添いを受けながら電動車椅子で帰宅する途中、大量のスズメバチに襲われたということです。

施設の職員は菊地チヱ子さんに群がったスズメバチを追い払おうしましたが、職員もスズメバチに刺され追い払うことができなかったということです。

大洲地区広域消防事務組合消防本部は取材に対して「通報を受けた段階では、女性は安全な場所に移動していると判断し、必要な装備を持参していなかったため救出に時間がかかった」などと説明しました。

菊地チヱ子さんが大量のスズメバチに刺されたことでインターネット上では「50分間刺され続けるとか拷問だ」「スズメバチは本当に危険だから気をつけよう」「車椅子だったら逃げれないな」「スズメバチの巣は見つけたら早めの処理が大事」などと様々な声が多数見られました。

スズメバチに150ヵ所以上刺され車椅子の女性死亡の画像

スズメバチに50分間に150ヵ所刺され車椅子の女性死亡…Twitterでの反応

大洲市長浜町で、車椅子の女性が大量のスズメバチに襲われ、50分間に150ヵ所以上刺され死亡したことなどについて、Twitter上でも大変な話題となっていました。

スズメバチ刺された現場付近(愛媛県大洲市長浜町)場所の地図

以下、車椅子の女性がスズメバチに刺され死亡した場所付近・愛媛県大洲市長浜町の地図(Googleマップ)。

この記事について

2017年10月6日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.