福岡市立長住小学校で理科の実験中に塩酸こぼれる 児童13人救急搬送

最終更新■

福岡県福岡市南区長住の長住小学校で10月13日、理科の実験中に塩酸がこぼれ、複数人の児童が病院に救急搬送される事故が起きました。

発表によりますと10月13日午前11時20分ころ、福岡市南区長住にある市立長住小学校で、教員から「塩酸がこぼれ複数人の児童が目のしびれなどを訴えている」などと、消防局に119番通報があったということです。

この通報を受け救急隊らが現場に駆けつけたところ、理科室にいた小学6年生の児童37人の内、男子児童4人・女子児童9人の計13人が目や喉の痛みを訴えていました。

児童13人は病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けたところ、塩酸は直接身体にかかっておらず、いずれも軽症ということです。

当時、理科室では6年生37人が鉄とアルミニウムを塩酸で溶かす実験をしていたところ、児童が試験管2本に入った塩酸3mlを誤ってこぼしたということです

こぼれた塩酸は理科の実験を教えていた教員がふき取ったということですが、塩酸がこぼれた付近にいた児童らが体調不良を訴えた模様。

長住小学校の校門前には、大量の救急隊や消防隊が集まり、一時騒然となりました。

この塩酸がこぼれた事故にインターネット上では「塩酸はマジで危ない」「大事故に至らなくてよかった」「塩酸を扱うときは十分に注意するべき」「塩酸は刃物より危ないからな」などと様々な声が多数見られました。

福岡市立長住小学校で理科の実験中に塩酸こぼれる事故のニュースキャプチャ画像

画像出典:ANN

小学校で理科の実験中に塩酸こぼれる 児童13人搬送

2017/10/13 15:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

福岡市立長住小学校で塩酸こぼれ児童13人救急搬送…Twitterでの反応

福岡市南区長住の長住小学校で、理科の実験中に塩酸がこぼれ複数人の児童らが体調不良を訴え病院に救急搬送された事故について、Twitter上でも大変な話題となっていました。

塩酸がこぼれた場所(福岡県福岡市南区長住)場所の地図

以下、理科の実験中に塩酸がこぼれた場所・福岡県福岡市南区長住4丁目5−39「福岡市立長住小学校」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2017年10月13日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.