Twitter規制?座間市の9人殺人事件を受け政府が検討 批判の声が多数

最終更新■

神奈川県座間市で起きた男女9人バラバラ殺人・死体遺棄事件を受け、政府はTwitter(ツイッター)の規制を検討すると発表しました。

発表によりますと11月10日午前、政府は座間市の9人殺害事件を受け、年内をめどに再発防止策として、Twitter規制なども検討しているということです。

直ちに実施できる再発防止策があれば、取りまとめを待たず適用する模様。

菅義偉官房長官は「各閣僚がリーダーシップを発揮し、関係省庁連携の下に政府一体となり再発防止策を徹底したい」などと話しました。

再発防止策として検討されているのは、事件の全容解明と関係省庁の情報共有・自殺に関するサイトやツイートの書き込みへの対策強化・インターネットで自殺願望のある若者の心のケア対策などです。

この再発防止策にインターネット上では「再発防止策にネット規制はさすがに露骨過ぎ」「そんなもんで殺人事件の再発防止になると思ってんの?」「座間市の事件の再発防止でTwitter規制?バカなの?」「再発防止になってないの本当草」などと様々な声が多数見られました。

座間市の9人殺人事件を受けTwitter規制の画像

スポンサーリンク

ツイッター規制?座間市の殺人事件の再発防止…Twitterでの反応

座間市で起きた男女9人バラバラ殺人事件を受け、政府が再発防止としてツイッターの規制を検討していることなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事について

2017年11月10日

編集部


その他


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.