大木司容疑者、大井町で飲酒運転の死亡事故 パトカー追跡から逃走中

最終更新■

神奈川県大井町で、パトカーに追跡されていた飲酒運転の乗用車が別の乗用車に衝突し、女性が死亡する事故が起きました。

この事故で、神奈川県警小田原署は12月16日、道交法違反(酒気帯び運転)と自動車運転処罰法違反(危険運転致死)の疑いで、乗用車を運転していた南足柄市に住む土木作業員・大木司容疑者(20)を逮捕しました。

発表によりますと12月15日午後11時20分ころ、大井町上大井の国道255号の交差点で、パトカーに追跡され逃げていた大木司容疑者が運転し20代の男女3人が乗る乗用車と、付近に住む武松泉さん(63)が運転する乗用車が衝突したということです。

大木司容疑者の乗用車は、小田原市内にある小田急線の踏切の遮断機が下りているにも関わらず踏切内に進入したとして、パトカーに約4kmにわたり追跡され、逃走中に武松泉さんの乗用車と衝突しました。

大木司容疑者の車が逃走中に交差点で赤信号を無視したことで衝突したとみられています。大木司容疑者らは事故後、一度現場から去っていましたが戻ってきた模様。

この事故で武松泉さんが病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けましたが、事故発生から約2時間後に死亡が確認されました。

小田原署によりますと、大木司容疑者は飲酒した状態で車を運転していたということです。

警察での取り調べに対して大木司容疑者は「飲酒運転で捕まりたくなかった」などと供述し、容疑を認めています。

パトカー追跡中の事故に小田原署の日原修副署長は「適正な職務執行であったと考えているが、事実関係の詳細を確認したうえで適切に対応します」などと話しました。

この事故にインターネット上では「飲酒の事故とか死刑でいいですよ」「事故ではない、殺人事件だろ」「年末は飲酒運転が増えるだろうな」「こういう事故が一番イライラする」などと様々な声が多数見られました。

小田原署は自動車運転処罰法違反(危険運転致死)などの疑いとして、大木司容疑者や同乗者から事情を聴くとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

大井町で飲酒運転の死亡事故のニュースキャプチャ画像

画像出典:NNN

関連する犯罪の法定刑

危険運転致死傷罪…15年以下の懲役
危険運転致死罪…1年以上の有期懲役
酒気帯び運転…3年以下の懲役または50万円以下の罰金

大木司容疑者を逮捕、大井町の飲酒死亡事故…Twitterでの反応

大井町上大井で、20代の男女が乗った飲酒運転の乗用車と、別の乗用車が衝突した死亡事故について、Twitter上でも大変な話題となっていました。

死亡事故現場付近(神奈川県足柄上郡大井町上大井)場所の地図

以下、飲酒運転の死亡事故が起きた場所付近・神奈川県足柄上郡大井町上大井の地図(Googleマップ)。

この記事について

2017年12月16日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 詳細

    しってるー


  2. 毎日でも飲酒の検問を実施しないからこう言うアホんだらがいるんだよ‼️
    飲酒運転を無くすなら毎日でも飲酒検問しないと、いくらたってもこんな、事件が続くと思いますよ‼️

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.