肛門にエアーコンプレッサーで空気注入事件 男性が死亡 埼玉県杉戸町

最終更新■

埼玉県杉戸町の産業廃棄物処理会社で、男性の肛門エアーコンプレッサーで空気を注入し死亡させたとして、埼玉県警は傷害致死の疑いで男2人を逮捕しました。

傷害致死の疑いで逮捕されたのは、この産業廃棄物処理会社の会社員・神崎利宏容疑者と、仲本トミー容疑者です。

発表によりますと容疑者2人は12月16日、勤務する杉戸町の産業廃棄物処理会社で、同僚の小口義之さん(44)を押さえつけ、工業用エアーコンプレッサーで肛門に空気を注入して死亡させた傷害致死の疑いが持たれています。

事件当時は休憩時間で、神崎利宏容疑者ら3人がエアーコンプレッサーで、作業中服に付いたほこりなどをはらっていましたが、悪ふざけで小口義之さんを押さえつけたということです。

その際、服の上からエアーコンプレッサーで小口義之さんの肛門に空気を当てたところ、誤って肛門に入ってしまったということです。

警察での取り調べに対して容疑者らは「こんな大事な事件になると思わなかった」などと供述し、容疑を認めています。

この事件に対してインターネット上では「これ会社の人にたまにやられてた」「こういう事件前にも見た気がする」「普通に考えて危ないってわかるだろ」「腸が破裂したのかな?」などと様々な声が多数見られました。

現時点では、社内でいじめがあったのかどうかなどについての詳しい情報はわかっておりません。

埼玉県警は傷害致死の疑いとして、両容疑者から事情を聴くとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

肛門にエアーコンプレッサーで空気注入死亡事件のニュースキャプチャ画像

画像出典:NNN

関連する犯罪の法定刑

傷害致死罪…3年以上の有期懲役

肛門にエアーコンプレッサーで空気注入し男性死亡…Twitterでの反応

埼玉県杉戸町の産業廃棄物処理会社で、男2人が男性の肛門に空気を注入して死亡させた傷害致死事件について、Twitter上でも大変な話題となっていました。

傷害致死事件現場付近(埼玉県杉戸町)場所の地図

以下、エアーコンプレッサーで空気を肛門に注入した事件現場付近・埼玉県杉戸町の地図(Googleマップ)。

この記事について

2017年12月17日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. はてな?

    エコシスの部長は見ながら笑ってたらしいよ

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.