10円玉握りしめ「お腹すいた」5歳児コンビニ店員に訴え虐待発覚 伊丹市

最終更新■

兵庫県伊丹市で、5歳の女児をストーブに押しつけたり包丁を突き付けケガを負わせたとして、兵庫県警伊丹署は1月12日、傷害の疑いで女2人を逮捕しました。日常的に虐待していた可能性も。

傷害の疑いで逮捕されたのは、伊丹市に住む女児の母親で無職の女(26)、同居する会社員の祖母(47)の2人です。

発表によりますと容疑者らは1月9日、伊丹市の自宅で、女児(5)に包丁を当てるなどしてケガを負わせた傷害の疑いが持たれています。

同月10日には、自宅で女児の左腕を温まったストーブに2度押し付けヤケドを負わせていました。

11日夜、女児が伊丹市内のコンビニに10円玉1枚を握りしめて訪れ「お腹がすいた」などと、店員に訴えたということです。

店員は虐待を受けている可能性もあるとみて「小さい女の子がお腹がすいたと訴えている」などと警察に110番通報しました。

この通報を受け警察官らがコンビニに駆けつけたところ、素足のまま靴を履き、つま先が紫色になっている女児がいたということです。

その後、女児の母親や祖母に事情を聴いたところ、暴行を加えたことを認めたため逮捕に至りました。

伊丹署によりますと、容疑者らは長女(6)や三女(4)も一緒に暮らしている7人家族ということです。

この虐待事件にインターネット上では「コンビニ店員ナイスです」「10円握りしめて・・・涙が出る」「子供を虐待するとか本当に最低な親ですね」「長女や三女も虐待を受けている可能性あるな」などと様々な声が多数見られました。

伊丹署は傷害の疑いとして、母親らから事情を聴くとともに、日常的に虐待があったのかどうかなどについて詳しく調べています。

10円玉握りしめ「お腹すいた」5歳児コンビニ店員に訴え虐待発覚のニュースのイメージ画像

関連する犯罪の法定刑

傷害罪…15年以下の懲役または50万円以下の罰金

10円玉握り「おなかすいた」、伊丹市で5歳児を虐待…Twitterでの反応

伊丹市で、母親や祖母が5歳の女児に暴行を加えていた虐待事件で、女児が10円玉を握りコンビニで「おなかすた」と訴えたことから事件が発覚したことで、Twitter上でも大変な話題となっていました。

虐待事件現場付近(兵庫県伊丹市)場所の地図

以下、女児が母親らから虐待を受けていた事件現場付近・兵庫県伊丹市の地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年1月12日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. くそしじい

    ただひたすらこの子の今後の精神ケアが最重要と思います。心のケアが一番。猫や犬の動物でも、報道などで保護された時、虐待の状況が人間でも推測出来るのに・・・・人間の親が自分の子供に?AIBO以下のレベルの知能だ。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.