取手市の工事現場で作業員2人が意識不明 マンホール内で発見し救急搬送

最終更新■

茨城県取手市にある工事現場で1月17日、マンホールの中で作業員2人が倒れているのが見つかりました。いずれも意識不明の状態です。

発表によりますと1月17日午前、取手市の工事現場で、「男性作業員2人がマンホール内で倒れている」などと消防局に119番通報があったということです。

この通報を受け救急隊や警察官らが現場に駆けつけたところ、男性作業員らはすでに救助されていましたが意識不明の状態でした。

男性作業員2人は病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けましたが、意識は回復していないということです。

また、男性作業員らを救助した男性4人も体調不良を訴え、病院い救急搬送された模様。

現時点では、男性作業員らが意識不明の状態になった原因などについての詳しい情報はわかっておりません。

茨城県警は当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

取手市の工事現場で作業員2人が意識不明、マンホール内で発見…Twitterでの反応

取手市の工事現場のマンホール内で、男性作業員2人が意識不明の状態で倒れていたことなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

事故現場付近(茨城県取手市)場所の地図

以下、マンホール内で作業員が倒れていた事故現場吹きn・茨城県取手市の地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年1月17日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.