慶大生・鳥屋智成容疑者の殺人事件 父親をナイフで殺害 Facebook特定

最終更新■

東京都大田区のマンションで、父親の腹をナイフで刺し殺害したとして、警視庁田園調布署は1月18日、殺人未遂の疑いで慶大生の男を現行犯逮捕しました。容疑を殺人に切り替え捜査。

殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、大田区南雪谷5丁目に住む慶応大に通う・鳥屋智成容疑者(20)です。鳥屋智成=とりや ともなり

発表によりますと鳥屋智成容疑者は1月18日午後10時10分ころ、大田区南雪谷の自宅マンションで、父親で会社役員・鳥屋多可三さん(58)の腹を果物ナイフ(刃渡り約10㎝)で刺して殺害しようとした殺人未遂の疑いが持たれています。

別室にいた50代の母親が「夫が刃物で刺された」などと消防局に119番通報したことで事件が発覚。

この通報を受け救急隊や警察官らが現場に駆けつけたところ、多可三さんが腹部から血を流して倒れていました。

多可三さんは病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けましたが、事件から約1時間20分後に死亡が確認されました。

その後、警察は現場にいた鳥屋智成容疑者に事情を聴いたところ、多可三さんをナイフで刺したという趣旨の話をしたため、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕しました。

警察での取り調べに対して鳥屋智成容疑者は「感情的になって父親を刺したことは間違いありません」などと供述し、容疑を認めています。

親子喧嘩の仲裁にはいり父親を刺殺

1月18日夜、多可三さんが酒を飲んで帰宅、多可三さんが鳥屋智成容疑者の弟に貸したジャージーが見当たらないことがきっかけで、弟の生活態度などについて説教をしていたということです。

仲裁にはいった鳥屋智成容疑者が、多可三さんに「やめないとナイフで刺すぞ」などと言い果物ナイフを持ち出し、腹部を刺した模様。

鳥屋智成容疑者は「弟への説教が言い過ぎだと思った」などと話しました。

園調布署は容疑を殺人に切り替え、鳥屋智成容疑者から事情を聴くとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

鳥屋智成容疑者のfacebookと顔写真の画像

鳥屋智成容疑者のSNSを調べたところ、facebook(フェイスブック)がみつかりました。(facebook:鳥屋 智成

Facebookには鳥屋智成容疑者の顔写真の画像が複数枚ありました。

鳥屋智成容疑者の顔写真の画像

画像出典:https://www.facebook.com/tomonari.toriya

父親を殺害した慶大生・鳥屋容疑者の画像

画像出典:https://www.facebook.com/tomonari.toriya

鳥屋智成容疑者のFacebookの画像

画像出典:https://www.facebook.com/tomonari.toriya

父と弟の口論で「感情的に・・・」慶大生が父を刺したか

2018/1/19 5:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

関連法定刑

関連する犯罪の法定刑

殺人罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役
殺人未遂罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役

慶応大生の鳥屋智成容疑者が大田区の自宅で父親殺害…Twitterでの反応

大田区南雪谷で、慶応大に通う鳥屋智成容疑者が果物ナイフで父親を刺して殺害した殺人事件について、Twitter上でも大変な話題となっていました。

殺人事件現場付近(東京大田区南雪谷)場所の地図

以下、慶大生が父親を殺害した殺人事件現場付近・東京大田区南雪谷5丁目の地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年1月19日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 参考に

    なんかやるとは思ってたよ。
    小学校の頃だけど、怒りだしたらなかなか止まらん奴だった

    ある時期かわいそうだから1年間ずっと二人だけで遊んでたけど、中身は最低な悪人にしか感じられなかった。

    残念すぎるけど、やってもおかしくないくらい考えが怖い奴だった。
    プライド高くて、強がり、悪いことしたら自慢してくる、挑発にすぐのる、怒ったら止まらない引かない(謝ればゆるしてくれる)…
    頭が良くても、あいつには道徳心がなかった気がする 変な奴だった
    なんというか、複雑ですよ

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.