東京オリンピック選手村の建設現場で死亡事故 クレーン車に挟まれる

最終更新■

東京都中央区晴海の東京オリンピック選手村の建設現場で1月29日、男性作業員がクレーン車と柵に挟まれる死亡事故が起きました。

発表によりますと1月29日午後1時半ころ、東京オリンピック選手村の建設現場で、クレーン車が旋回したところ、付近にいた30代の男性作業員が鉄パイプで造られた柵とクレーン車の後方部分に挟まれたということです。

建設現場の関係者から「作業員がクレーン車に挟まれて負傷している」などと消防局に119番通報があり発覚。

この通報を受け救急隊や警察官らが建設現場に駆けつけたところ、男性作業員は付近にいた建設現場の関係者らに救出されていましたが、意識不明の状態でした。

男性作業員は病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けましたが、胸を強く打っており死亡が確認されました。

この事故が起きた場所は、2020年に開催される東京五輪・パラリンピックの選手村の建設現場です。

現時点では、安全面に問題はなかったのかなどの詳しい情報はわかっておりません。

この事故にインターネット上では「ついに選手村で死亡事故か」「建設間に合わなくて急いでいたのか?」「工事現場での事故多いな」「オリンピックより人の命の方が大事、焦らず作業してほしい」などと様々な声が多数見られました。

警視庁は建設現場の関係者らから事情を聴くとともに、当時の現場の様子などについて詳しく調べています。

東京オリンピック選手村の建設現場で死亡事故のニュースのキャプチャ画像

画像出典:ANN

選手村工事で作業員死亡 重機と手すりに挟まれる

2018/1/ 13:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

関連法定刑

関連する犯罪の法定刑

業務上過失致死罪…5年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金

東京五輪の選手村の建設現場で死亡事故…Twitterでの反応

中央区晴海の東京オリンピック選手村の建設現場で、作業員がクレーン車と柵に挟まれ死亡する事故が起きたことなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

死亡事故現場付近(東京都中央区晴海)場所の地図

以下、東京五輪の選手村の建設現場で死亡事故が起きた場所付近・東京都中央区晴海の地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年1月29日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.