立命館中学校のマラソン大会で生徒が心肺停止 ゴール後に倒れ救急搬送

最終更新■

京都府長岡京市の立命館中学校のマラソン大会で1月29日、ゴール後に男子生徒が倒れました。男子生徒は心肺停止の状態で搬送されました。

発表によりますと1月29日、京都市北区の鴨川の河川敷で、立命館中学校のマラソン大会が行われたということです。

午後2時半ころ、マラソン大会のゴールとなっていた鴨川公園で、学校関係者から「マラソン大会のゴール後に男子生徒が倒れた」などと、消防局に119番通報があったことで発覚。

この通報を受け救急隊らが現場に駆けつけたところ、マラソン大会に参加していた中学2年生の男子生徒が心肺停止の状態で倒れていました。

男子生徒は病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けているということですが、容態については不明。

この立命館中学校のマラソン大会は約14kmのコースで、男子生徒は完走した後、倒れたということです。

インターネット上では「マラソン大会で14km?長くないか?」「原因は何だろう?」「マラソンで心肺停止って可哀想、回復を祈ってます」「中学生に14kmは過酷なのでは?」などと様々な声が多数見られました。

現時点では、男子生徒が倒れてた原因や、生徒らの体調管理に問題はなかったのかなどの詳しい情報はわかっておりません。

学校法人立命館は「今は事実関係を調査中です」などと話しました。

マラソン大会で生徒が心肺停止のニュースのイメージ画像

立命館中学校のマラソン大会で男子生徒が心肺停止…Twitterでの反応

立命館中学校のマラソン大会で、男子生徒がゴール後に倒れ心肺停止の状態で救急搬送されたことなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

マラソン大会を行った学校(京都府長岡京市調子)場所の地図

以下、マラソン大会を開催した学校の場所・京都府長岡京市調子一丁目1−1「立命館中学校・高等学校」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年1月29日

編集部


その他


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.