青がっぱの男こと遠藤晶朋容疑者を逮捕 葛飾区のコンビニ強盗未遂事件

最終更新■

青がっぱの男の顔写真の画像東京都葛飾区のコンビニで、バールを振りかざし現金を奪おうとしたとして、警視庁は強盗未遂の疑いで青がっぱの男を逮捕しました。

強盗未遂の疑いで逮捕されたのは、住所不定の職業不詳・遠藤晶朋容疑者(27)です。遠藤晶朋=えんどう まさとも

発表によりますと遠藤晶朋容疑者は2017年12月ころ、葛飾区のコンビニで、店員にバールを振りかざして脅し、現金を奪おうとした強盗未遂の疑いが持たれています。

遠藤晶朋容疑者は店員に抵抗されたため、何も奪うことなく現場から逃走していました。

被害にあったコンビニの関係者から「強盗が入った」などと警察に110番通報があったことで事件が発覚。

通報を受け駆けつけた警察官らが店内などに設置してある防犯カメラの映像解析を進めたところ、鮮やかな青色のかっぱを着た男が映っていたということです。捜査員の間では、青色のかっぱを着た男だったことなどから「青がっぱの男」と呼ばれていた模様。

その後、青がっぱの男の正体は遠藤晶朋容疑者だったということが強まり、逮捕に至りました。

警察での取り調べに対して「消費者金融に金を借りていた」などと供述し、容疑を認めています。

この事件にインターネット上では「青がっぱ男?笑った」「どこからツッコんでいいのかわからない」「青色のかっぱは目立つだろ」「犯人はバカなのか?」などと様々な声が多数見られました。

警視庁は強盗未遂の疑いとして、遠藤晶朋容疑者から事情を聴くとともに、事件に至った経緯や犯行動機などについて詳しく捜査を進める方針です。

青がっぱの男こと遠藤晶朋容疑者逮捕のニュースのキャプチャ画像

画像出典:FNN

関連する犯罪の法定刑

強盗未遂罪…5年以上の有期懲役

青がっぱの男を逮捕、葛飾区で強盗未遂事件…Twitterでの反応

葛飾区のコンビニで、男がバールを振りかざして現金を奪おうとした強盗未遂事件が起き、犯人が青がっぱの男と呼ばれていたことなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

強盗未遂事件現場付近(東京都葛飾区)場所の地図

以下、青がっぱの男が現金奪おうとした強盗未遂事件現場付近・東京都葛飾区の地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年1月30日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.