台湾で大地震 花蓮や宜蘭で震度7を観測 建物が多数倒壊した現場の画像

最終更新■

台湾・花蓮市の沖合で、マグニチュード6,4の大地震が起き大勢の死傷者が出ました。

発表によりますと2月6日午後11時50分ころ(日本時間7日午前0時50分)、台湾東部・花蓮市の沖合約18kmの地点を震源とする大きな地震が起きたということです。

この地震の規模はマグニチュード6,4で、震源の深さは約10kmということです。地震による津波の被害はありませんでした。

花蓮市や北東部の宜蘭県では震度7を観測し、建物などが倒壊する被害に遭いました。

また、少なくとも2人の死亡が確認されており、202人が負傷し病院で手当を受けているということです。このうち27人が重傷。

日本時間同日午前8時50分現在も、倒壊した建物などの中に取り残されている方々が多数いるということで、救助隊らは救出活動を急いでいます。また、花蓮市内では停電やガス漏れも発生している模様。

台湾では同月4日以降、花蓮市沖で小規模な地震が100回近く発生していました。

この大規模な地震にインターネット上では「豪雪、火山噴火、地震、、いろいろ怖い地球大丈夫・」「被災された方のご無事を願ってます」「ホテルが傾いてる画像見たけどヤバかった」「台湾地震の募金箱どこですか?」などと心配する声が多数見られました。

花蓮の現場の画像「ホテル1階が無くなった」

以下は、この大規模な地震の震源地に近かった花蓮市の街の様子の画像です。

ホテルの1階が上階に潰され無くなっている画像。

台湾・花蓮のホテルが地震で潰れている画像

ホテルまたはビルが地震で傾いている画像。

台湾東部の大地震で建物が倒壊している画像

台湾の地震でホテルが傾いている画像

台湾の震度7の地震で建物が傾いている現場の画像

台湾でM6.0地震 ホテルなど複数の建物が倒壊

2018/2/7 6:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

台湾で大地震、花蓮で震度7を観測…Twitterでの反応

台湾・花蓮市の沖合を震源とする大きな地震が起き、ホテルなどの大きな建物が倒壊する被害に遭っていることなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

地震で大きな被害にあった場所(台湾・花蓮市)場所の地図

以下、大規模な地震でホテルなどが傾いた場所・台湾・花蓮市の地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年2月7日

編集部


災害


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.