タイで宝くじを紛失し自殺 1等1億4000万円が当選 ショックでうつ病

最終更新■

タイで、男性が1億4000万円が当たった宝くじ紛失自殺していたことがわかりました。

発表によりますと2017年11月ころ、タイ・チョンブリーでジラウツ・ポンパン氏(42)が宝くじを購入したところ、見事1等に当選したということです。当選金は約4200万バーツ(日本円で約1億4430万円)です。

ジラウツ・ポンパン氏は宝くじに当選した嬉しさのあまり家族や知人などを自宅に呼び、盛大なパーティーをひらいたということです。

しかし、ジラウツ・ポンパン氏は酒に酔い潰れ、翌日に目覚めると1等が当選していた宝くじが紛失していました。

ジラウツ・ポンパン氏は家中を隅々まで捜しましたが見つからず、これが原因でうつ病になり仕事にも行けなくなったということです。

2018年1月31日、宝くじを紛失しうつ病になったジラウツ・ポンパン氏は、自宅の寝室で、拳銃を使って自殺を図り死亡しました。

ジラウツ・ポンパン氏は遺書を残しており「本当にごめんなさい。家族に嫌がらせをしないでください」「私は宝くじに当選したが、それをなくしてしまった」などと書かれていた模様。

結局、当選した宝くじは見つかっておらず、パーティーの際に何者かが持ち去った可能性が高いとみられています。

インターネット上では「俺でも自殺すると思う」「天国から地獄ってこういうことね」「調子乗ってパーティーをひらいたのが間違い」「1億円か・・・人生変わるね」などと様々な声が多数見られました。

タイで宝くじを紛失し自殺を図り死亡した現場の画像

関連する犯罪の法定刑

窃盗罪…10年以下の懲役または50万円以下の罰金

宝くじ紛失で自殺、1等の1億4000万円…Twitterでの反応

タイで男性が1等の1億4000万円が当たった宝くじを紛失し自殺していたことなどから、Twitter上でも話題となっていました。

自殺場所付近(タイ・チョンブリー)場所の地図

以下、男性が宝くじを紛失し自殺した場所付近・タイ・チョンブリーの地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年2月12日

編集部


その他


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.