横浜ベイブリッジで飛び降り自殺?放置車両で騒然 交通規制で渋滞

最終更新■

神奈川県横浜市にある横浜ベイブリッジに2月26日、放置車両があり飛び降り自殺を図った可能性があるとの情報が入りました。

発表によりますと2月26日午前5時ころ、横浜ベイブリッジの道路上で、通行人から「放置してある車両がある」などと通報が相次いだということです。

この通報を受け警察官や消防隊らが横浜ベイブリッジに駆けつけたところ、運転手不明の車両があったということです。

以下は、Twitterユーザーが横浜ベイブリッジの状況を撮影し、投稿したものです。

「運転手が海中転落行方不明」という情報もあり、横浜ベイブリッジから飛び降り自殺を図った可能性が高いとみられています。

この車両放置事案の影響で、横浜ベイブリッジは一部区間の車線が規制され渋滞が発生している模様。

Twitter上では「ベイブリッジで飛び降り自殺ってマジ?」「あの高さなら即死だろうな」「渋滞と思ったら飛び降りか」「消防隊や警察が何かを探している」などと様々な声が多数見られました。

現時点では、放置車両から遺書のようなものが見つかったのかなどについての詳しい情報はわかっておりません。

警察や消防は車の持ち主の特定を急ぐとともに、周囲の捜索にあたっています。

横浜ベイブリッジで飛び降り自殺か…Twitterでの反応

横浜市にある横浜ベイブリッジに放置車両があり、運転手が飛び降り自殺を図った可能性もあることなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

飛び降り自殺?場所(神奈川県横浜市南区井土ケ谷下町)場所の地図

以下、放置車両が見つかった場所・神奈川県横浜市南区井土ケ谷下町の地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年2月26日

編集部


その他


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.