小西竜真容疑者、1歳女児クローゼットに放置し死亡 大阪市北区大淀中

最終更新■

大阪府大阪市北区大淀中で、1歳の女児をクローゼット放置し死亡させたとして、大阪府警大淀署は3月10日、保護責任者遺棄の疑いで20代の父親を逮捕しました。

保護責任者遺棄の疑いで逮捕されたのは、大阪市北区大淀中に住む会社員・小西竜真容疑者(24)です。

発表によりますと小西竜真容疑者は3月9日夜、大阪市北区大淀中の自宅で、泣きやまない次女(1)を毛布にくるんでクローゼットの中に入れ放置し死亡させた疑いが持たれています。

小西竜真容疑者は次女を寝かしつけようとしましたが、次女が泣き止まなかったため毛布で包みクローゼットに放置したということです。

10日午前3時ころ、小西竜真容疑者が目を覚まし次女の様子を確認したところ、呼吸をしていなかったため「子供が息をしていない」などと消防局に119番通報したことで発覚しました。

この通報を受け救急隊らが小西竜真容疑者の自宅に駆けつけたところ、次女が意識不明の状態でぐったりしていました。

次女は病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けましたが、間もなく死亡が確認されました。次女に目立った外傷などはありませんでした。

警察での取り調べに対して小西竜真容疑者は「放置しようとして閉じ込めたわけではない」「防音のために毛布でくるんだ」などと供述し、容疑を否認しています。

大淀署によりますと、小西竜真容疑者は妻(26)と長女(2)と次女の計4人暮らしで、当時、妻を仕事で家におらず、長女は寝ていたということです。

大淀署は保護責任者遺棄の疑いとして、小西竜真容疑者から事情を聴くとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

関連する犯罪の法定刑

保護責任者遺棄罪…3月以上5年以下の懲役

大阪市北区大淀中で1歳女児をクローゼットに放置し死亡…Twitterでの反応

大阪市北区大淀中の住宅で、父親が1歳の次女をクローゼットに放置し、その後死亡した事件について、Twitter上でも大変な話題となっていました。

保護責任者遺棄事件現場付近(大阪府大阪市北区大淀中)場所の地図

以下、1歳の女児をクローゼットに放置し死亡させた事件現場付近・大阪府大阪市北区大淀中の地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年3月10日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.