元K-1選手KOICHIが交通事故で死亡 渋谷の交差点でバイクと車が衝突

最終更新■

渡辺浩一さんの顔写真の画像東京都渋谷区で4月7日、大型スクーターと乗用車が衝突する死亡事故が起きました。

この事故で、大型スクーターに乗っていた港区南青山に住む元K-1選手でキックボクシングトレーナー・渡辺浩一さん(37)が死亡しました。渡辺浩一=わたなべ こういち

発表によりますと4月7日午前7時半ころ、渋谷区渋谷3丁目の交差点で、渡辺浩一さんが乗るバイクと、埼玉県川口市に住むアルバイト男性(29)が運転する乗用車が出合い頭に衝突したということです。

渡辺浩一さんの運転するバイクは、交差点の左から直進してきた乗用車と出合い頭に衝突した模様。

この事故で渡辺浩一さんは意識不明の状態で病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けましたが、頭部や胸を強く打っており間もなく死亡が確認されました。

警視庁渋谷署によりますと、事故現場は信号機のある見通しの良い都道交差点だということです。

渡辺浩一さんは格闘技「元K-1選手」で、「KOICHI(コウイチ)」という選手名でヘビー級に出場していました。2017年11月に引退にK-1選手を引退し、キックボクシングトレーナーとして活動していました。

乗用車を運転していた男性からはアルコールなどは検出されておらず、現時点では事故原因などについては不明。

この死亡事故にインターネット上では「この選手の試合見たことあるぞ」「最近交通事故が多いですね」「朝の渋滞はこの事故だったのか」「車は運転の仕方次第で凶器だからな」などと様々な声が多数みられました。

警視庁渋谷署は過失運転致死傷の疑いも視野に、乗用車の男性から事情を聴くとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

元K-1選手KOICHIの画像

画像出典:https://www.k-1.co.jp/fighter/707/

【プロフィール】

本名、渡邉浩一。K-1に憧れて格闘家の道を志して新潟から上京。元K-1ファイターのニコラス・ぺタスに弟子入りし、コウイチ・ぺタスの名で2005年にプロデビュー。

日本人ヘビー級ファイターとしてトップ戦線で活躍し、初代M-1ヘビー級、初代WPMF日本ヘビー級チャンピオンに輝く。2016年9月から「K-1 WORLD GP」に参戦。

ラストファイトは2017年11月23日、さいたまスーパーアリーナ「初代ヘビー級王座決定トーナメント」のイブラヒム・エル・ボウニ(モロッコ)戦。

出典:KOICHI 選手紹介 | K-1/Krush/KHAOS公式サイト | K-1 JAPAN GROUP | K-1/Krush/KHAOS公式サイト | K-1 JAPAN GROUP

関連する犯罪の法定刑

過失運転致死傷罪…7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金

渡辺浩一さん死亡事故…Twitterでの反応

渋谷区渋谷の交差点で、渡辺浩一さんが乗るバイクと乗用車が出合い頭に衝突し死亡した事故について、Twitter上でも大変な話題となっていました。

死亡事故現場付近(東京都渋谷区渋谷)場所の地図

以下、KOICHIさんが死亡した事故現場付近・東京都渋谷区渋谷3丁目の地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年4月7日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 新潟 ABC

    一緒に練習してました。 とにかくイケメンで無口でカッコいい男性でした。 残念です。 ご冥福をお祈りいたします。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.