しんやっちょ大原誠治が4回目の逮捕 キャスバー動画配信で女性暴行事件

最終更新■

大原誠治(しんやっちょ)容疑者の顔写真の画像東京・歌舞伎町の飲食店で女性に暴行を加えたとして、自称マルチタレントで自称Youtuber(ユーチューバー)のしんやっちょこと大原誠治容疑者(35)が逮捕されました。大原誠治=おおはら せいじ

発表によると大原誠治容疑者は5月4日早朝、新宿区歌舞伎町1丁目にある飲食店CasBARキャスバー)」で、若い女性客の顔を殴るなどの暴行を加えた疑いが持たれています。

幸い、女性にケガはなかったということです。大原誠治容疑者は事件当時、キャスバーで強い酒を飲む様子をネット配信していました。

大原誠治容疑者と女性の関係性や、事件当時の状況など詳しいことは発表されていません。

インターネット上では、無免許運転・交番ダンス事件・カラオケ尿コップ事件など(動画などの詳細は記事下部)で複数回の逮捕歴のある人気Youtuberが逮捕されたこともあり「しんやっちょまた逮捕されたのw」「n年ぶりn回目…?」「しんやっちょこれで3回目か4回目の逮捕じゃない?」などと激震が走っていました。

また動画では「キャスバーってこんなところなんだ」「ヘラヘラしながら動画撮ってる女は何なの?」「みんなバカそうでなにより」などと大量のコメントが寄せられています。

警察での取り調べに対して大原誠治容疑者は「酔っ払っていたから覚えていない。もしそういう事実があったのであれば申し訳ない」などと供述しています。

警視庁は暴行事件として、事件に至った経緯や犯行動機などについて詳しく捜査を進めています。

キャスバーで女性に暴行を加えたしんやっちょの動画キャプチャ画像

しんやっちょがキャスバーで配信していた動画 女性を殴る様子も映る

動画サイト・Youtubeには、しんやっちょがキャスバーで女性の顔付近を殴る様子の映った動画がアップロードされていました。

男性から「暴れるな!」と制止され、しんやっちょが「触るな!」と押し問答したり、「表出ろや!」などと怒号が飛び交う様子が30秒ほど続いた後、しんやっちょが女性の顔付近を殴っている様子が映っています。

これにより動画撮影していた別の女性が「女の子に叩くのは違うよやっちょ!」と怒るとともに、「暴れるな」と制止していた男性がブチギレし「オンナはチゲーだろオイ?」などとしんやっちょを押し付け首を絞めるなどヒートアップしていく様子が見てとれます。

以下が問題の動画。

【速報】しんやっちょ(大原誠治)女性暴行で逮捕!パトカーで連行まで

スポンサーリンク

無免許運転や交番ダンス動画、カラオケ尿コップなどで複数回の逮捕歴

しんやっちょは2015年3月、道交法違反の容疑で逮捕されています。静岡県浜松市西区入野町の市道で、無免許にも関わらず軽自動車を運転した疑い。

このときもツイキャスで配信されていました。

また2015年4月には警視庁代々木署の代々木公園交番に侵入し、ダンスを踊るなどしたとして、建造物侵入の容疑で逮捕されています。

そのときもまた、ツイキャスで動画配信をしていました。

そしてカラオケでコップに尿を入れて飲む事件、通称「カラオケ尿コップ事件」にて偽計業務妨害罪で逮捕される事件も起こしている模様。

関連法定刑

関連する犯罪の法定刑

暴行罪…2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金、または拘留もしくは科料
傷害罪…15年以下の懲役または50万円以下の罰金
無免許運転…3年以下の懲役または50万円以下の罰金
建造物侵入罪…3年以下の懲役または10万円以下の罰金

スポンサーリンク

YouTuberの大原誠治容疑者を暴行事件で逮捕…Twitterでの反応

厨二イケメン炎上逮捕系YouTuberのしんやっちょこと大原誠治容疑者が再び逮捕された事件を受けて、Twitter上でも大変な話題となっていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

暴行事件現場(CasBAR・キャスバー)場所の地図

以下、しんやっちょが女性に暴行を加えて逮捕された事件現場付近・東京都新宿区歌舞伎町1丁目12-9「CasBAR(キャスバー)」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年5月4日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.