東急田園都市線 青葉台駅で痴漢が線路内に立ち入り逃走し電車の遅延

最終更新■

東急田園都市線青葉台駅で5月8日、痴漢が線路内に立ち入ったことで電車の遅延が発生したとの情報が入りました。

目撃者の話などによると5月8日午前、神奈川県横浜市青葉区青葉台1丁目にある東急田園都市線青葉台駅のホームで、男性と女性が言い争いをしていたということです。

その後、痴漢を疑われていたとみられる男性が、線路に逃走。周りにいた人により非常停止ボタンが押されたことで運転見合わせとなったということです。

まもなく警察官が男性の身柄を確保したとみられ、約30分後に運転が再開されました。

なお、男性が本当に痴漢をしていたのかどうか、その後の処遇など詳しいことはわかっていません。

ゴールデンウィーク明けの通勤ラッシュ時の騒動ということもあり、インターネット上では「東急田園都市線が朝から阿鼻叫喚」「カバンが空中浮遊している」「田都大遅延」「三軒茶屋駅が人混みでヤバい」などと利用者らの悲痛の声が多数みられました。

東急田園都市線・青葉台駅で痴漢が線路内立ち入り、電車遅延…Twitterでの反応

東急田園都市線の青葉台駅で痴漢が線路内に立ち入り、電車が遅延して三軒茶屋駅などが大変な状況になっていることを受けて、Twitter上でも大変な話題となっていました。

痴漢現場(神奈川県横浜市青葉区青葉台)場所の地図

以下、痴漢男が線路内に立ち入った騒動の現場・神奈川県横浜市青葉区青葉台1丁目「東急田園都市線青葉台駅」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年5月8日

編集部


その他


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.