インスリン注射する殺人未遂事件 10代息子が一時心肺停止 母親を逮捕

最終更新■

山梨県南アルプス市で、10代の息子にインスリンを注射し殺害しようとしたとして、山梨県警は殺人未遂の疑いで40代の母親を逮捕しました。

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、南アルプス市に住む無職・萩原恭子容疑者(47)です。

発表によりますと萩原恭子容疑者は2017年1月、南アルプス市にある自宅で、当時10代の息子にインスリンを注射して殺害しようとした疑いが持たれています。

息子は心肺停止状態となり病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受け、現在は快方に向かっているということです。

インスリンとは、糖尿病の治療に使われ組織のぶどう糖消費を促進する作用があるというものです。また、大量に投与すると低血糖で意識障害を引き起こし、死亡する可能性もあるということです。

息子にインスリンが必要な病気はなく、2017年10月、福祉関係の機関から「インスリンを使用した虐待の恐れがある」などと警察に通報があったことで事件が発覚し萩原恭子容疑者の逮捕に至りました。

警察での取り調べに対して萩原恭子容疑者は「インスリンを投与した覚えはない」などと供述し、容疑を否認しています。

山梨県警は殺人未遂の疑いとして、萩原恭子容疑者から事情を聴くとともに、犯行時やインスリンの入手先などについて詳しく調べています。

南アルプス市で息子にインスリン投与する殺人未遂事件…Twitterでの反応

南アルプス市で、母親が10代の息子にインスリンを投与し殺害しようとした殺人未遂事件について、Twitter上でも大変な話題となっていました。

殺人未遂事件現場付近(山梨県南アルプス市)場所の地図

以下、息子にインスリンを投与し殺害しようとした殺人未遂事件現場付近・山梨県南アルプス市の地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年5月10日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.