足利大学附属高校で女子高生2人が飛び降り自殺?校舎7階に生徒の靴

最終更新■

栃木県足利市の足利大学附属高校で5月11日、女子高生2人が倒れて死亡しているのが見つかりました。飛び降り自殺を図った可能性も。

発表によりますと5月11日午後9時ころ、足利市福富町にある「足利大学附属高校」で、女子高生2人が倒れて死亡しているのが見つかったということです。

部活動で学校に残っていた男子生徒が「ドンッ」という大きな音に気付き、女子高生らを発見し教員に報告、この教員が「女子生徒2人が倒れていて動かない」などと消防局に119番通報したことで発覚。

この通報を受け救急隊や警察官らが現場に駆けつけたところ、高校3年生でいずれも17歳の女子高生2人が7階建の校舎付近で倒れていました。

女子高生らは病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けましたが、全身を強く打っており間もなく死亡が確認されました。

足利大学附属高校によりますと、11日も女子高生らはいつも通り学校に登校していたということです。

女子高生2人が校舎7階から飛び降り自殺図ったニュースのキャプチャ画像

画像出典:ANN

進路や家庭内の悩みを教員に相談、いじめは確認されておらず

死亡した女子高生2人は同じクラスで、2人は家庭内や進路のことなどで教員に悩みを相談していたということです。また、学校内でイジメを受けていた様子などは確認されていませんでした。

2人が発見された付近の7階建校舎の7階には、窓の近くに女子高生らのものとみられる靴が置かれており、窓が開いていた模様。

これらのことなどから警察は、家庭内や進路の悩みが原因で飛び降り自殺を図った可能性があるとみて調べています。なお、遺書のようなものは今のところ見つかっていないということです。

栃木県警足利署は他の生徒らからも事情を聴くとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

足利大学附属高校で女子高生2人が飛び降り自殺のニュースのキャプチャ画像

画像出典:ANN

女子生徒2人飛び降り自殺か 校舎7階窓際に2足の靴

2018/5/12 ANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

足利大学附属高校で女子高生2人が飛び込み自殺か…Twitterでの反応

足利大学附属高校で女子生徒2人が死亡しているのが見つかり、7階建て校舎から飛び込み自殺を図ったとみられていることなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

飛び降り自殺現場(栃木県足利市福富町)場所の地図

以下、女子高生2人が飛び降り自殺図った場所・栃木県足利市福富町2142「足利工業大学附属高等学校」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年5月12日

編集部


その他


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.