宇都宮線・栗橋駅で人身事故 お客様と電車が接触し遅延 飛び込み自殺か

最終更新■

宇都宮線栗橋駅で6月11日、人身事故が発生したとの情報が入りました。

発表によりますと6月11日午後0時20分ころ、宇都宮線の栗橋駅で、電車とお客様が接触する人身事故が発生したということです。

この人身事故の影響で、宇都宮線は東京駅~宇都宮駅間で運転を見合わせています。なお、運転再開は午後1時20分ころを見込んでいる模様。

現場には既に大勢の警察官や救急隊らが駆けつけるとともに、ケガ人の救助活動にあたっています。なお、負傷者のケガの程度・安否などについては不明。

Twitter上では「電車がすごい音して止まった」「飛び込み自殺っぽかった」「乗っている電車が人身・・・」などと現場の情報に関するツイートが多数みられました。

現時点では、飛び込み自殺を図ったことによる人身事故なのか、または誤って線路内に立ち入った事故なのかは不明。

栗橋駅に規制線が張られるとともに、駅の利用客らが心配そうに様子を伺い騒然としています。

埼玉県警や消防はケガ人の救助活動を急ぐとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

栗橋駅で人身事故、宇都宮線が運転見合わせ…Twitterでの反応

宇都宮線・栗橋駅で電車とお客様が接触する人身事故が起き、湘南新宿ラインなども遅延していることなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

人身事故現場(埼玉県久喜市)場所の地図

以下、電車とお客様が接触する人身事故が起きた場所・埼玉県久喜市「栗橋駅」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年6月11日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.