西武-中日戦で球審が倒れ騒然 試合を一時中断 応援団から敷田コール

最終更新■

メットライフドーム(西武ドーム)で行われたプロ野球・西武-中日戦で6月16日、敷田球審倒れ担架で搬送されたとの情報が入りました。

発表によりますと6月16日午後4時30分ころ、西武ドームで行われた西武ライオンズ-中日ドラゴンズ戦の7回で、試合中に敷田球審が突然、後方に倒れたということです。

以下は、Twitterユーザーが投稿した敷田球審が倒れる動画です。

動画からは、敷田球審が手を上げ後ろに数歩下がりながら尻もちをつき、後頭部を強く打っている様子が確認できます。

敷田球審が倒れたことで、選手やスタッフらが駆け寄り試合は一時中断、敷田球審は約3分後に担架で運ばれたということです。

敷田球審は前打者の西武・金子侑司選手のファウルボールが左膝付近に直撃し痛みを訴えていたということですが、倒れた因果関係などについては不明。

敷田球審が倒れた退場したことで、西武応援団から「頑張れ頑張れ敷田~」などと敷田コールが贈られたということです。

Twitter上では「球審倒れたけど熱中症かな?無事だといいが」「敷田球審が試合中に倒れた!!倒れ方がやばかったから心配」「敷田主審大丈夫かよ」「ファウルボールがあたってたけどその影響?回復を祈ってます」などと心配する声が多数見られました。

敷田球審の周りには大勢の関係者らが駆けつけ、観客らが心配そうに様子を伺い一時騒然としました。

西武-中日戦で球審が倒れる動画のキャプチャ画像

敷田球審が倒れ西武-中日戦が騒然…Twitterでの反応

西武ドームで行われたプロ野球・西武-中日戦で、敷田球審が突然、後方に倒れて担架で運ばれたことなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

球審が倒れた場所(埼玉県所沢市上山口)場所の地図

以下、敷田球審が試合中に倒れた場所・埼玉県所沢市上山口2135「メットライフドーム」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年6月16日

編集部


その他


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.