延岡学園の留学生が審判殴る傷害事件の動画 全九州バスケ男子準決勝

最終更新■

全九州バスケ男子の準決勝で6月17日、延岡学園高校の留学生が試合中に審判を殴る動画がTwitter(ツイッター)に投稿され、大変な問題となっています。傷害事件の可能性も。

問題となっているのは6月17日、全九州バスケ男子の準決勝・福岡大濠(福岡)VS延岡学園(宮崎)の試合で、留学生が無防備の審判の顔面を殴るというものです。

留学生のペティ・ヴァカ・エルビス選手が審判殴る動画のキャプチャ画像

延岡学園がファウルを取られ試合が止まっている際、留学生の選手が審判に近寄り顔面を思いっきり殴っている様子が確認できます。

審判は顔面を殴られた衝撃で後方に倒れ、なかなか起き上がることがきません。また、流血していたという情報もあることなどから、重傷を負っている可能性も。

全九州バスケ男子の準決勝で審判が選手に殴られる動画のキャプチャ画像

その後、審判は担架で運ばれたということですが、ケガの程度などについては不明。

留学生の暴行問題で、福岡大濠VS延岡学園の試合は没収試合となり、福岡大濠が決勝戦進出しました。

前代未聞の出来事に選手や観客らが心配そうに様子を伺い一時騒然としました。

延岡学園の留学生が審判殴る傷害事件の画像

Twitter上では「審判殴るとかありえない」「この留学生はバスケする資格なし」「これはもう事件でしょ」「完全無防備からグーパンチ。本当に許せません」などと留学生を批難する声が多数見られました。

動画を見る限りでは、無抵抗の審判を殴っていることなどから、傷害罪に問われる可能性もあると思われます。

全九州バスケ男子の準決勝の暴行動画

以下は、留学生が試合中に審判の顔面を殴る問題の動画です

関連する犯罪の法定刑

傷害罪…15年以下の懲役または50万円以下の罰金
暴行罪…2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金、または拘留もしくは科料

延岡学園の留学生が審判殴る、傷害事件の可能性も…Twitterでの反応

全九州バスケ男子の福岡大濠-延岡学園の試合で、留学生の選手が審判を顔面を殴る動画がSNSで拡散されていることなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

傷害事件現場(長崎県大村市幸町)場所の地図

以下、留学生の選手が審判殴った傷害事件現場・長崎県大村市幸町25−33「大村市体育文化センター」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年6月17日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.