代々木駅前で立てこもり事件 花火の宴に包丁ロケット花火半裸入れ墨男

最終更新■

東京・代々木駅の近くにあるビルで6月25日、包丁花火を持った男による立てこもり事件が起きているとの情報が入りました。

目撃者などの話によると6月25日午後3時過ぎころ、東京都渋谷区代々木1丁目の代々木駅前にある居酒屋・花火の宴で、包丁のような刃物や花火などを持った男が立てこもっているということです。

男はビルのガラスを割っており、店内にある酒の瓶・椅子・提灯(ちょうちん)を路上に投げたり、ロケット花火とみられる花火を撃ったりするなど、激しく暴れています。

ビル前の路上にはそれらの物が散乱しているということで、非常に危険な状態です。

以下は、Twitter上に投稿されていた事件現場の写真画像。

代々木駅前西口の立てこもり事件現場の犯人の顔写真画像

画像出典:https://twitter.com/suiryu_jin/status/1011134108221693952/photo/1

既に現場には大勢の警察官らが駆けつけ、現場周辺に規制線を張って立入禁止にするとともに、人質がいないかどうかなど慎重に捜査を進めています。

現場では近隣住民らが心配そうに様子を伺うとともに、上空では報道ヘリが飛び交うなど、騒然としています。

代々木駅前には予備校などがあることから大勢の学生らが利用する地域で、男がビルから出て人に危害を加える危険性もあることから、警察が注意を呼びかけています。

インターネット上ではこの代々木の立てこもり事件について「代々木駅前でパンパンって言ってる…拳銃の発砲音かな?」「ビルから花火撃ってる奴がいる」「みずほ銀行前のビルで事件」「上半身裸の入れ墨男がロケット花火発射してる」などと現場の様子に関する投稿が多数寄せられています。

この代々木で発生している包丁ロケット花火半裸入れ墨男による立てこもり事件について詳しい情報が入り次第、随時更新していきます。

関連する犯罪の法定刑

威力業務妨害罪…3年以下の懲役または50万円以下の罰金
器物損壊罪…3年以下の懲役または30万円以下の罰金もしくは科料
傷害罪…15年以下の懲役または50万円以下の罰金
殺人未遂罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役
銃刀法違反…2年以下の懲役または30万円以下の罰金

代々木駅前のビルで立てこもり事件、刃物にロケット花火で騒然…Twitterでの反応

代々木駅前のビルで発生している立てこもり事件について、犯人の男が刃物を持っているだけでなく、色んな物を投げたりロケット花火を撃ったりしていることなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。現場の様子が撮影された動画や写真画像付きの投稿も多数。

立て籠もり事件現場(花火の宴 代々木駅前店)場所の地図

以下、立て籠もり事件が起きている現場・東京都渋谷区代々木1-29-4「全個室居酒屋 花火の宴 代々木駅前店」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年6月25日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 匿名

    写真はツイッター@suiryu_jinさんの許可を得て掲載していますか?

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.