浪商高校ハンドボール部員が桃山学院エースに肘打ち反則 犯行予告も

最終更新■

6月10日に行われた浪商高校桃山学院ハンドボールの試合で、悪質な肘打ち(ひじ打ち)があったとして、大変な炎上騒ぎへと発展しています。

問題の肘打ち事件は、全国大会出場をかけたインターハイ大阪府予選のハンドボール男子決勝戦、大阪体育大学浪商高校vs桃山学院高校の試合で起きました。

両校は全国大会の常連校で、ライバル同士だったということです。

以下が問題の肘打ち動画。

試合に勝利した浪商高校の選手が、桃山学院の選手のみぞおち付近に強烈な肘打ちをしている様子が映っています。

事件が起きたのは後半13分。浪商高校がパスを繋ぎながら攻めていた際に、桃山学院の選手がファウルをしたことで、審判がそのファウルに気を取られていたところ、別の場所にいた浪商高校の選手が桃山学院の選手に強烈な肘打ちをしたということです。

その後、桃山学院の選手や木村監督らが猛抗議しましたが、審判からは行為を認められず試合続行。

この肘打ち行為が故意だったのか・故意ではなく事故だったのか、といった点で双方の主張は全く異なっており、炎上騒ぎへと発展しています。

浪商高校の教頭や監督と桃山学院の主張が異なる

浪商高校の工藤哲士教頭と徳永昌亮監督は「反則は偶然。服を掴まれた際に振り払おうとしただけ」と主張していますが、桃山学院の木村雅俊監督は「映像を見た限りでは、振り払った腕がたまたま当たったと認識するのは難しい」と主張しています。

浪商高校の工藤哲士教頭が「故意ではない」と言い訳している写真画像
浪商高校の徳永昌亮監督が「言い切れます。言い切ってます」と言い訳している写真画像
桃山学院の木村雅俊監督が「たまたま肘打ちになったと認識するのは難しい」と主張している写真画像

画像出典:モーニングショー

なお浪商高校はこの肘打ちだけでなく、桃山学院の選手の首を掴むような行為もしていましたが、この際も偶然審判が見ていないときに反則を行っていました。

肘打ちだけでなく首を掴む反則もしている現場の写真画像

画像出典:モーニングショー

このことから、「審判が見ていないところを狙ってやったのではないか」との疑いが出ています。

肘打ちされた選手と首を掴まれた選手は同一の生徒で、桃山学院の中心選手。決勝のときも28点のうち10得点、1人で3分の1以上の得点を決めていたエースプレイヤーでした。

浪商ハンドボール部員がインスタで肘打ちの犯行予告?

浪商高校ハンドボール部員のInstagram(インスタグラム)に投稿されていた動画では、桃山学院への犯行予告とも取れる会話が含まれていました。

桃山学院のハンドボール部員がインスタで「ぶっ殺す」と犯行予告していた動画のキャプチャ画像1
桃山学院のハンドボール部員がインスタで「ぶっ殺す」と犯行予告していた動画のキャプチャ画像2

画像出典:モーニングショー

「明日の試合は?」

「ぶっ殺す」

「ありがとうございます」

「アイツや」

「アイツですね。ありがとうございます」

さらにこれだけでなく、浪商高校ハンドボール部のグループLINEがあるということですが、そのグループLINEの中で被害者生徒の実名を挙げた上で「ぶっ殺す」「やっちまいましょう」という投稿がされていたということです。

インスタでは名前を濁していましたが、LINEでは実名を挙げていること、および同一生徒に対して2回も悪質な反則行為をしていることから、故意に攻撃した可能性が非常に高いとみられています。

これに対して浪商高校の教頭と監督は、笑顔でニヤニヤしながら「不適切な発言が載っていたという事実は確認しました」「あくまでも遊び半分だったようだ」などと苦しい言い訳。

桃山学院の監督は「冗談半分で言っていたとしても、名前が挙げられていた生徒に対して現実に起きてしまったのだから冗談では済まされない」と主張しています。

インターハイ大阪府予選の決勝戦で肘打ちの反則…Twitterでの反応

インターハイ大阪府予選の男子ハンドボール決勝戦で、浪商高校の部員が桃山学院の部員に対して強烈な肘打ちをした騒動について、インターネット上でも大変な話題となっていました。

事件現場(大阪府堺市西区・家原大池体育館)場所の地図

以下、インターハイ大阪府予選のハンドボール男子決勝戦が行われた肘打ち事件現場・大阪府堺市西区家原寺町1丁18-1「家原大池体育館」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年7月4日

編集部


不祥事


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. さすらい

    浪商の指導者。初期対応誤る。生徒を守るなら事実を詫びるのみ。いいわけしてたら終わりだな。

    • 匿名

      俺も同意見。でも日本人のいい年したおっさんはどうして、こうも皆バカなんだろう?万一問題なくても、謝罪して頭下げれば終わりなのにw

  2. ありません

    日大アメフトと同じなんだが
    加害者が未成年ってことで問題にされないのな。
    クソすぎ

  3. オヤジ

    ここで注目、やった選手の行為に対しての納め方で、指導者の力量がよくわかりますね。
    指導者なのに、言い訳ばっかり。最近の某大学と同じ種類ですね。

  4. まじか

    日大と同じ初期対応だな、この後も色々と同じでしょう。そしてクソガキの所為で審判は3人必要になった。

  5. 匿名

    ハンドボールをやってた1人として
    言わせてもらうと
    割とよくあることなんだよね
    先輩もやられたことあるし・・・
    わざとも結構あるんよ
    ハンドボールはそういう競技
    だから割と話題になったことにびっくり
    まぁ、とらなかった審判も1番わるい
    アレはブルーカードでもいいレベルだわ

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.