東関道で逆走事故 飲酒運転の車とトラックが正面衝突 自殺図った可能性

最終更新■

千葉県酒々井町の東関東自動車道で8月10日、飲酒運転の乗用車が逆走しトラックと正面衝突する事故が起きました。

飲酒運転で逆走したのは、市原市飯沼に住む会社員・黒田琢弥さん(28)です。

発表によりますと8月10日午前0時ころ、酒々井町の東関東自動車道下り線の酒々井PA(パーキングエリア)付近で、飲酒運転で逆走していた黒田琢弥さんの乗用車と50代の男性のトラックが正面衝突したということです。

黒田琢弥さんは、香取市にある佐原PA付近から進入し約30km逆走したとみられ、警察は運転処罰法違反(危険運転致傷)容疑で調べています。また、黒田琢弥さんの呼気からは、基準値を超えるアルコールが検出された模様。

当時、東関東自動車道下り線ですれ違った運転手らから「乗用車が逆走している」などと警察に110通報が相次いだということです。

この事故で、黒田琢弥さんとトラック運転手の男性が病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けたところ、黒田琢弥さんが腹部破裂や骨折の重傷で、男性は軽傷を負っていました。

飲酒運転で約30kmと逆走した走行距離も長いことなどから、故意に逆走を続け自殺を図ろうとした可能性も。

約25km手前では、逆走する黒田琢弥さんの車を避けようとした対向車が、ガードレールに衝突する事故が起きていました。

千葉県警は運転処罰法違反(危険運転致傷)容疑などで、ケガの回復次第で黒田琢弥さんから事情を聴くとともに、逆走した経緯などについて詳しく調べています。

東関道で飲酒運転の車とトラックが正面衝突事故のニュースのキャプチャ画像

画像出典:ANN

高速道路を30km逆走か 車がトラックと正面衝突

2018/8/10 ANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

関連法定刑

関連する犯罪の法定刑

過失運転致死傷罪…7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金
危険運転致死傷罪…15年以下の懲役
酒気帯び運転…3年以下の懲役または50万円以下の罰金

東関道で車が30km逆走し正面衝突する事故…Twitterでの反応

酒々井町の東関東自動車道下り線で、飲酒運転で乗用車が逆走しトラックと正面衝突する事故が起きたことなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

逆走事故現場付近(千葉県印旛郡酒々井町墨字花之作)場所の地図

以下、飲酒運転の逆走の乗用車とトラックが正面衝突した事故現場付近・千葉県印旛郡酒々井町墨字花之作1419−1「千葉県印旛郡酒々井町墨字花之作1419−1」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年8月10日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.