北坂戸駅で死体遺棄事件 赤ちゃんの遺体をコインロッカーに放置

最終更新■

東武東上線の北坂戸駅のコインロッカーで、生後間もない赤ちゃん遺体が見つかる死体遺棄事件が起きました。

発表によりますと8月29日午後3時ころ、坂戸市末広町にある東武東上線・北坂戸駅のコインロッカーで、生後間もない女の子の赤ちゃんの遺体が見つかったということです。

男性駅員から「北坂戸駅構内にあるコインロッカーから異臭がする」などと警察に110番通報があったことで事件が発覚。

この通報を受け警察官らが鍵の掛かったコインロッカーの中を確認したところ、コインロッカーの中にあったショルダーバッグから赤ちゃんの遺体が見つかったということです。

赤ちゃんの遺体は裸で目立ったような外傷はなく、死後数日が経過しているとみられています。

この事件にインターネット上では「赤ちゃんをコインロッカーに入れて殺すとか許せない」「殺すくらいなら産むなよ」「こういう事件が一番腹立つ。責任持って子供産め」「地元でこんな最低な事件が起きるとは・・・」などと様々声が多数みられました。

現時点では、コインロッカーに放置されていた赤ちゃんの死因などについては不明。

埼玉県警は死体遺棄事件として、駅構内に設置されている防犯カメラの映像解析を進めるとともに、母親の行方を追っています。

北坂戸駅でコインロッカーに赤ちゃんの遺体放置の死体遺棄事件のニュースのキャプチャ画像

画像出典:ANN

埼玉・坂戸市の駅 コインロッカーに赤ちゃん遺体

2018/8/30 ANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

関連法定刑

関連する犯罪の法定刑

死体遺棄罪…3年以下の懲役
殺人罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役

北坂戸駅で死体遺棄事件…Twitterでの反応

東武東上線の北坂戸駅のコインロッカーに生後間もない赤ちゃんの遺体が放置された死体遺棄事件が起きたことなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

死体遺棄事件現場(埼玉県坂戸市末広町)場所の地図

以下、コインロッカーから赤ちゃんの遺体が見つかった事件現場・埼玉県坂戸市末広町「北坂戸駅」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年8月30日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.