山陽新幹線で車両火災 のぞみ31号でモバイルバッテリーから発煙し遅延

最終更新■

山陽新幹線の西明石駅~姫路駅間で9月11日、車両火災が発生したとの情報が入りました。モバイルバッテリーから出火した模様。

発表によりますと9月11日午後3時20分ころ、山陽新幹線の西明石駅~姫路駅間の新幹線・東京発-博多行き「のぞみ31号」の1号車で、車両火災が発生したということです。

この車両火災の影響で、山陽新幹線は下り線で一時運転を見合わせ最大15分の遅れが出ています。

以下は、Twitterユーザーが投稿した画像です。

山陽新幹線の姫路駅に緊急車両が集結している画像

画像出典:https://twitter.com/YNori02/status/1039405074420621312

ボヤ騒ぎがあった新幹線は姫路駅で緊急停止し、通報で駆けつけた消防隊らが安全確認を行ったということです。

原因は、乗客が持ってたいモバイルバッテリーから発煙したというものでした。幸いけが人が出ているという情報はありませんでした。

このトラブルで1号車に乗っていた乗客らが避難するとともに、心配そうに様子を伺い一時騒然としました。

警察や消防はモバイルバッテリーの故障・老朽化が原因とみて、発煙した原因などについて詳しく調べています。

山陽新幹線で車両火災、モバイルバッテリーが発煙…Twitterでの反応

山陽新幹線の「のぞみ31号」の1号車で、モバイルバッテリーから発煙するトラブルが起き、一時運転を見合わせたことなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

発煙で緊急停止した場所(兵庫県姫路市駅前町)場所の地図

以下、新幹線の車両火災で緊急停止した場所・兵庫県姫路市駅前町188番「姫路駅」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年9月11日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.