寺本駅で人身事故「グロかった…」常滑線が運転見合わせで駅が大混雑

最終更新■

名鉄常滑線の寺本駅で9月16日、人身事故が起きたとの情報が入りました。

発表によりますと9月16日午後2時19分ころ、名鉄常滑線の寺本駅で、電車とお客様が接触する人身事故が起きたということです。

この人身事故の影響で、名鉄常滑線は太田川駅~常滑駅間の上下線で運転を見合わせています。運転再開は午後3時30分ころを見込んでいます。

現場には既に大勢の消防隊や救急隊らが駆けつけるとともに、けが人の救護活動にあたっています。なお、電車と接触した方の安否やケガの程度などについて不明。

この人身事故の影響を受けている駅は、休日ということもあり利用客で大変混雑している模様。

Twitter上では「人身の現場見てしまった・・・めちゃグロかった」「ゴンって音して電車が急停止した」「人身事故の電車に乗ってたけど、衝撃が凄かった」などと現場の情報に関するツイートが多数見られました。

現時点では、飛び込み自殺を図ったことによる人身事故なのか、または誤って線路内に転落し電車と接触した事故なのかなどについては不明。

愛知県警や消防はけが人の救護活動を急ぐとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

寺本駅で人身事故…Twitterでの反応

名鉄常滑線の寺本駅構内で、電車と人が接触する人身事故が起き、運転を見合わせていることなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

人身事故現場(愛知県知多市八幡西水代)場所の地図

以下、電車と人が接触した人身事故現場・愛知県知多市八幡西水代「寺本駅」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年9月16日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.