大学生が覚醒剤製造し逮捕 爆発物(TATP)や拳銃も「市販薬から作った」

最終更新■

高性能爆薬「過酸化アセトン(TATP)」を製造し逮捕されていた19歳の男子大学生が、覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで再逮捕されました。覚せい剤も製造していた模様。

覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで再逮捕されたのは、名古屋市緑区に住む大学1年生の男子大学生(19)です。

発表によりますと男子大学生は8月20日、名古屋市緑区の自宅で、少量の液体状の覚せい剤0.6gを所持していた疑いが持たれています。

この男子大学生は自宅で、テロなどに使用された高性能爆薬「過酸化アセトン(TATP)」を製造したとして爆発物取締罰則違反の疑いで逮捕されており、その際、警察官らが家宅捜索を行い、男子大学生の部屋から押収した薬品を調べたところ、一部から覚せい剤の成分が検出されたことで発覚。

その他にも、男子大学生の部屋からは3Dプリンターで製造したと思われる拳銃が見つかっており、銃刀法違反の疑いでも逮捕されています。

警察での取り調べに対して男子大学生は「市販薬から覚せい剤を作ってみた。興味本位だった」などと供述し、容疑を認めています。

この事件にインターネット上では「この大学生は天才か?」「市販薬から覚せい剤を作れるってヤバいな」「その知識をもっといい方向に使えたらノーベル賞とれる」「闇社会の方々から熱い視線を向けられていそう」などと様々な声が多数みられました。

愛知県警は覚醒剤取締法違反(所持)の疑いなどで、男子大学生から事情を聴くとともに、製造目的などについて詳しく調べる方針です。

大学生が覚醒剤・爆発物(TATP)・拳銃を製造し逮捕されたニュースのキャプチャ画像

画像出典:ANN

覚せい剤も製造? 爆発物で逮捕の男子大学生

2018/27 ANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

関連法定刑

関連する犯罪の法定刑

銃刀法違反(所持)…1年以上10年以下の懲役
覚醒剤取締法違反(所持)…10年以下の懲役

大学生が覚せい剤製造で逮捕…Twitterでの反応

名古屋市緑区に住む男子大学生が、自宅で覚醒剤を製造し逮捕された事件で、TATPや拳銃も製造していたことなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

覚せい剤製造場所付近(愛知県名古屋市緑区)場所の地図

以下、大学生が覚せい剤などを製造した場所付近・愛知県名古屋市緑区の地図(Googleマップ)。

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.