世田谷区役所のM山が酷い対応で炎上 漫画家・山本さほさんTwitter告発

最終更新■

世田谷区役所と仕事をした漫画家・山本さほさん(33)が、ひどい対応を受けたとTwitter(ツイッター)で告発し、大変な炎上騒ぎとなっています。山本さほさん(Twitter:@sahoobb

炎上しているのは、山本さほさんが世田谷区役所とのイベント「オーストラリア・姉妹都市交流」で漫画を教える講師をした際、課長のM山さん酷い対応を受けたというものです。

山本さほさんこのトラブルをマンガにして、Twitterで告発したことで発覚。

以下は、山本さほさんが描いた世田谷区役所の課長・M山さんとの間で起きたトラブルのマンガです。

①:山本さほさんが海外の子供にマンガを教えるというイベントで会場に足を運んだ際、前もって送っていたデータを紛失したということをM山さんから告げられる。

さらに、その紛失したデータを「え、持ってきてないんですか?」などと逆に責められた後、会場をダブルブッキングしたとことを教えられる。

世田谷区役所が炎上した山本さほさんが描いた漫画の画像

画像出典:https://twitter.com/sahoobb/status/1047061214176661504

②:M山さんはダブルブッキングをした責任は山本さほさんにあると言い出し、キャンセル料の2万円をギャラから出すと強気に説明。

世田谷区役所のM山が炎上しているマンガの画像

画像出典:https://twitter.com/sahoobb/status/1047061214176661504

③:M山さんはデータを紛失させたことを棚に置き、データのコピーをしていなかった山本さほさんを責める。

山本さほさんはイベントに参加していた子供達を待たせていたので、授業に戻る。

山本さほさんがTwitterで世田谷区役所の課長・M山の酷い対応を告発した画像

画像出典:https://twitter.com/sahoobb/status/1047061214176661504

④:授業が終わるとM山さんの態度は一変。ギャラは支払えると言い、次は店側が悪いと言い出す。

その後、山本さほさんがダブルブッキングしていた店「ガリレオ」に足を運び従業員から話を聞くと、ギャラは予算から場所代を引かれたものだったことが発覚。

世田谷区役所のM山が炎上区長らが謝罪した漫画の画像

画像出典:https://twitter.com/sahoobb/status/1047061214176661504

さらに、山本さほさんは子供達全員分の画材なども自腹で買いに行かされていたということです。

当時、お笑いコンビのゲオルギー・吉川きっちょむさんもこのイベントに参加しており、これらの出来事が事実をいうことをTwitterで証言していました。

被害多数、世田谷区長や議員が謝罪

このトラブルを受け、Twitterでは過去に世田谷区役所から酷い対応されたという声が多数寄せられていました。

世田谷区議会議員・上川あやさんや世田谷区長・保坂展人さんが謝罪。

この炎上騒ぎにインターネット上では「世田谷区はもう駄目です。情けない」「再発防止策までキッチリやって頂きたいね」「課長のM山って多分あいつだ!!」「世田谷区の某職員さんは同僚も被害にあってそう」などと様々な声が多数みられました。

スポンサーリンク

世田谷区役所のM山が炎上、山本さほさんが告発…Twitterでの反応

漫画家・山本さほさんが世田谷区役所と仕事をした際、課長のM山さんから酷い対応を受け炎上騒ぎとなっていることなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トラブルがあった場所(東京都世田谷区世田谷)場所の地図

以下、山本さほさんとM山さんのトラブルが起きた場所・東京都世田谷区世田谷4丁目21「世田谷区役所」の地図(Googleマップ)。

スポンサーリンク

この記事について

2018年10月3日

編集部


その他


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 匿名

    働く女性が男性&行政に貶められたのにウーマンリブでミートゥな人達は世田谷区役所前でデモらないのですか?
    またダブスタかな?一般日本人をオモチャにするネタとしてのウーマンリブなのかな?

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.