土浦花火大会で事故 強風で落下物が客席に直撃し中止 男女7人負傷

最終更新■

茨城県土浦市で開催される土浦花火大会で10月6日、強風で花火が客席に落下する事故が起きたとの情報が入りました。複数人の負傷者が出ている模様。

発表によりますと10月6日午後7時10分ころ、土浦市内で開催された土浦全国花火競技大会で、台風の強風の影響で花火の一部が客席に落下したということです。

現場にに既に大勢の消防隊や救急隊らが駆けつけるとともに、ケガ人の救護活動にあたっています。

また、花火の一部の落下地点付近にいた男女7人が病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けているということですが、ケガの程度などについては不明。

当時、会場付近では台風の影響で強風が吹いており、花火の燃えかす等の落下物が立ち入り禁止区域の外に飛ばされたということです。

以下は、Twitterユーザーが花火の落下物が付近に落ちる様子を動画撮影し投稿したものです。

この事故が発生したことで、土浦花火大会は中止となりました。

現場には大量の緊急車両が駆けつけるとともに、花火大会に訪れていた方々が心配そうに様子を伺い一時騒然とました。

Twitter上では「観客席に花火の落下物舞い込んでたけど大丈夫か?」「目の前に火の粉が飛んできた・・・」「花火がめちゃ近くで爆発したぞ」などと当時の現場の様子に関するツイートが多数ありました。

茨城県警や消防は当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

土浦花火大会で花火の落下物が客にあたる事故の画像

土浦花火大会で事故、落下物が観客に直撃…Twitterでの反応

土浦市で開催される土浦花火大会で、花火が強風で飛ばされ客席に爆発した一部が直撃し、負傷者が複数人出ていることなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

花火落下物事故現場付近(茨城県土浦市)場所の地図

以下、花火の落下物が客席に直撃した事故現場付近・茨城県土浦市の地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年10月6日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 名無し

    地元の人に聴いた話では、ホテルの宿泊の関係で延期に出来ないって聞いた。
    だから花火にとっては悪条件でも強行するんだって。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.