愛知県小牧市で隕石が落下、民家に直撃し屋根を破損 45億年前に誕生

最終更新■

愛知県小牧市で2018年9月、空から落ちてきた石が住宅の屋根にぶつかり破損した騒動で、石は宇宙から落ちてきた隕石だったことがわかりました。

この騒動は9月26日午後10時半ころ、小牧市内に住む女性宅で突然「ズゴーン」「グワーン」という大きな音が家全体に響き、翌日調べたところ敷地内から焼け焦げたような石3つが見つかったものです。大きさはそれぞれ約4cm~10cmほどでした。

衝撃音が響いた際は家全体が揺れるほどの衝撃で、また住宅の屋根には穴が開いていましたが、幸いケガ人はいなかったということです。

その後国立科学博物館が石を鑑定した結果、石から宇宙線が検出され、約45億年前にできた「隕石」だったことが判明しました。

隕石が建物を直撃するケースは珍しいということで、最後に直撃したのが確認されているのは2003年に広島市内に落ちたものだということです。

国立科学博物館はこの隕石について、小牧市に落下していることから「小牧隕石」として国際隕石学会に登録する手続きを取るとしています。

スポンサーリンク

愛知県小牧市に隕石が落下、民家を直撃…Twitterでの反応

愛知県小牧市の民家に隕石が落下し直撃した騒動について、約45億年前にできた隕石ということもあり、Twitter上では大変な話題となっていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

隕石の落下現場付近(愛知県小牧市)場所の地図

以下、隕石の落下現場付近・愛知県小牧市の地図(Googleマップ)。

スポンサーリンク

この記事について

2018年10月13日

編集部


その他


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. Rhea earth

    昔々、刀作りの鍛治さんへ

    あるお方から『この様な石で刀を作ってくれ』依頼された!

    後に出来上がった刀を『名刀ムラマサ』との、都市伝説!

    隕石で作られてる可能性が高い⁉️

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.