プリンセス駅伝 岩谷産業の飯田怜選手が四つん這いで血だらけ 監督批判

最終更新■

10月21日に行われたプリンセス駅伝で、足の故障により走れなくなった岩谷産業の選手・飯田怜さんが、四つん這いで血だらけになりながらタスキを繋いだことで話題となっています。運営や監督がドクターストップしなかったことに批判の声も。

この騒動は10月21日午後0時10分からスタートした、第38回全日本実業団対抗女子駅伝の第4回予選会(通称:プリンセス駅伝)にて起きました。

2区を走っていた岩谷産業の飯田怜選手が、走れなくなり四つん這いで継続。両膝の皮がズルズルに向けて血だらけにも関わらず、数百メートルに渡り進み続けました。

プリンセス駅伝で四つん這いになり血だらけで走る岩谷産業の飯田怜選手の写真画像

画像出典:TBS

この放送を受けてインターネット上では「足が血だらけになりながらもハイハイでタスキを繋げて…感動」「こんなに泣ける駅伝は初めて」「飯田選手、血だらけになりながらも執念でなんとかタスキを繋いだ」などと感動の声が見られる一方で、「運営や監督は何をしてるんだ」「これはどう考えてもドクターストップでしょ」「残り5mとかならわかるけどさ…200mはあったよね」などと批判的な声が多数みられます。

飯田怜選手の詳しい容態や、その後どのような対応が取られたのかなど詳しいことはわかっていません。

以下はタスキを繋げる瞬間の動画です。

プリンセス駅伝で岩谷産業の飯田怜選手が四つん這いで血だらけ…Twitterでの反応

プリンセス駅伝で岩谷産業の飯田怜選手が四つん這いで血だらけになりながらも走り続けた騒動について、ドクターストップしなかった運営や監督に対する批判の声や、感動の声など、Twitter上でも大変な話題となっていました。

女子駅伝開催現場(福岡県宗像市)場所の地図

以下、女子駅伝が開催されていた現場付近・福岡県宗像市の地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年10月21日

編集部


芸能・スポーツ


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 匿名

    今を精いっぱい生きようとする本人なりの覚悟の行動と思えば一傍観者としてとやかくは言えない
    チームメイトや運営の方々も同じ環境や経験を持っていたからこそ制止することができなかったのだろうと思う
    誰を責めるでもなしにただ、かくも苛烈なこの選手の精いっぱいさを涙しながら見守っただけでした

  2. 名無しの駅伝ファン

    今を精いっぱい生きようとする本人なりの覚悟の行動と思えば一傍観者としてとやかくは言えない
    チームメイトや運営の方々も同じ環境や経験を持っていたからこそ制止することができなかったのだろうと思う
    誰を責めるでもなしにただ、かくも苛烈なこの選手の精いっぱいさを涙しながら見守っただけでした

  3. 難しい判断だ

     三井住友のような状況は絶対にストップだが、走らずに貼っているなら、これ以上の足のダメージは大きくはないだろう。
     そうなると、今後の選手としての精神状態との兼ね合いになる。
     本人にとって、とにかく襷をつなぐチャンスを与えられるのと、ストップをさせられるのは、どちらがありがたかったのか。

  4. 演出か?

     骨が折れている人間が、200Mも足を引きずることができるのか?普通はうっ血して紫色になった足は引き連れ無いだろう。やだやだ!

  5. BAKABONPAPA

    本人からリタイアは言えないだろう。
    こんな状況を放置した監督は即刻首にすべし。
    TVを見ていただけの岩谷の会社関係者も同罪。
    IWATANIのイメージダウン必至だろう。

    • 名無し

      お前のような沸点が低く根こそぎ罰しようとする極端な人間が大嫌いだわ

    • 名無し

      お前、ニュース見てないだろ?
      テレビを見て運営に棄権する!と連絡したのに現場に届いたのは中継まで残り20mだったこと知らんだろ?
      そこで止められたら、選手の精神的ダメージが酷く来ること間違いなし。
      情報の裏付けせずに条件反射的にコメントばかりしてっと、フェイクニュースに引っかかりまくるだけだよ?

    • 匿名

      本人の体であり健康であるのに、本人から棄権を言い出さない、言い出せない状況に置かれているならばそのこと自体が不健康で異常な世界だと思う。

  6. ルールを徹底するべきで美談にらするな!!

    選手は頑張ったが美談にはため息がつく。
    ワイドショーもやるならもう少し深い議論をしてほしい。

    ランナーが繋ぎたいのは当然のこと。
    しかしボクサーのセカンドが止めるのと同様、止めるかどうか監督が判断すべきだと思う。
    そこの伝達がうまくいっていないのであれば対策すべきで、監督がそこに居ないなら救護の人間と監督全員がリアルタイムに連絡できるようにし判断を仰ぐべき。
    本人が行きたくても監督はチームを統括してるわけだから、そこの指示が一番大事だということをまず徹底した方がいいと思う。

  7. 昔のランナー

    正直、涙が止まらなかった。
    私も高校時代400メートルハードルに出て、第3ハードルで転倒し、左足首を骨折したまま、残り300メートルを、片足で走り切った経験があります。ゴールしたら会場中から拍手が鳴りやまなかった。
    ランナーは、スタートしたらゴールまで走りきる事を全てに練習しているから、今周りからゴチャゴチヤ言ってる人間がいるが、黙ってろ!!
    本人が一番辛いんだよ。

  8. 本人は感動してほしいものなのか

    監督は止めたかった、だけど止められなかった。
    監督だって本当はやらせてあげたい、だけど状態がそうではない。

    各区間短い距離の駅伝ということもあり、監督車がつけられないのは仕方がないが、連携ができない構造には問題がなかったとは言えないと思う。
    今後以降、コミュニケーションをすぐにとれる形にすることは教訓にしてくべき。

    今回仮に監督が選手を止めていたらどうだろう。
    繋げた(ゴールできた)方が悔いが残らないかもしれませんが、それでも悔いはしっかり残ります。
    どちらの結果でも、感じ方やその後どう気持ちを変換してくかは本人次第。
    本人が一番辛いかもしれませんが、今回のことで周囲から辛かったよね、感動したって共感してほしいと思うか、それも疑問です。

  9. ぱぴー

    私は、良く頑張ったと思います。ニュースを見た時、何が起きたのか分かりませんでしたが、必死にそれこそ命がけでタスキを繋いだ事に涙が止まりませんでした。痛かっただろうなと思うと、「大和撫子」よくぞ頑張った、タスキを繋いでくれてありがとうです。
    日本はまだまだ大丈夫な気がしました。入社一年の子がですよ。

  10. はちまき名無しさん

    王女様駅伝というネーミングがおもろいわ。

  11. 感動はしてもそれだけではダメ

    選手は襷を繋ぎたい。
    わかった!じゃあお前頑張れ!と、そのあとの批判を覚悟で監督がGoサインを出したなら問題ないと思う。

    だけど今回のように本人と目の当たりにしてる審判の判断だけで進めたということだと、ルールはもはや破綻している。
    感動で済まされることだけではダメだと思う。

  12. 同じ選手として

    私なら、ケガをして歩くこともできない状態になったなら、自分の判断で棄権する。
    そうしなければ、監督・チーム・主催者・運営の方々各方面にご迷惑をかけることになってしまうから。もちろん自分の選手生命への影響も。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.