渋川市の国道17号線で玉突き事故 ミキサー車と軽トラ正面衝突で1人死亡

最終更新■

群馬県渋川市上白井の国道で12月17日、ミキサー車と軽トラックが正面衝突し計5台が絡む事故が起きました。この事故で軽トラックに乗っていた男性1人が死亡。

群馬県警渋川署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、ミキサー車を運転していた伊勢崎市太田町に住む会社員・大久保浩二容疑者(61)を現行犯逮捕しました。

発表によりますと12月17日午前8時半ころ、渋川市上白井の国道17号線で、大型ミキサー車と軽トラックが正面衝突する事故が起きたということです。

さらに後続の車3台が巻き込まれるなどし計5台が絡む玉突き事故となりました。

この事故で軽トラックに乗っていた50代の男性が意識不明の状態で救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けましたが、間もなく死亡が確認されました。また、事故に巻き込まれた軽自動車の男性が軽傷を負いました。

渋川署によりますと、事故現場の状態などから、ミキサー車が対向車線にはみ出して走行し、軽トラックと正面衝突した可能性が高いということです。また、事故現場は見通しの良い道路でした。

軽トラックはミキサー車と正面衝突したことで運転席側から潰れ大破していることなどから、かなりのスピードで衝突したとみられています。

渋川市の国道17号線で玉突き死亡事故のニュースのキャプチャ画像

画像出典:ANN

現時点では、ミキサー車の運転手がわき見運転をしていたのか、または居眠りをしていたのかなどの詳しい事故原因については不明。

渋川署は容疑を過失致死に切り替え、大久保浩二容疑者から事情を聴くとともに、事故原因について詳しく調べています。

ミキサー車と軽トラックが正面衝突・・・5台絡む事故に(18/12/17)

2018/12/17 ANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

関連法定刑

関連する犯罪の法定刑

過失運転致死傷罪…7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金

渋川市の国道17号で死亡事故…Twitterでの反応

渋川市上白井の国道17号でミキサー車と軽トラックが正面衝突する死亡事故が起き、さらに後続の車3台が巻き込まれ玉突き事故になったことなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

死亡事故現場付近(群馬県渋川市上白井)場所の地図

以下、車5台が絡む玉突き事故が起きた場所付近・群馬県渋川市上白井の地図(Googleマップ)。

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.