東武東上線で成増駅付近で人身事故 通勤ラッシュで混雑 今年30回目

最終更新■

東武東上線の下赤塚駅~成増駅間で12月21日、人身事故が起きました。飛び込み自殺の可能性も。

発表によりますと12月21日午前8時29分ころ、東武東上線の下赤塚駅~成増駅間の踏切で、電車と人が接触する人身事故が起きたということです。

この人身事故の影響で、東武東上線は池袋駅~和光市駅間の上下線で一時運転を見合わせました。午前9時30分ころに運転再開しましたが、列車に大きな遅れが出ています。

以下は、Twitterユーザーが投稿した人身事故現場の画像です。

東武東上線の下赤塚駅~成増駅間で人身事故の現場画像

画像出典:https://twitter.com/yowanenana/status/1075913037851185152/photo/1

東武東上線の踏切で今年30回目の人身事故の現場画像

画像出典:https://twitter.com/sustina_interos/status/1075910695475015680/photo/1

現場には大勢の消防隊や救急隊らが駆けつけるとともに、ケガ人の救護活動が行われました。激しい衝突があったということですが、電車と接触した方の安否やケガの程度などについては不明。

人身事故が起きた電車に乗っていた方の現場情報のツイートがありました。

現場周辺には規制線が張られるとともに、通行人や乗客らが心配そうに様子を伺い一時騒然としました。

通勤ラッシュの時間帯ということもあり、人身事故の影響を受けた駅では利用客で大変混雑しました。

Twitter上では「乗ってた電車で人身事故したんやが…しかも先頭車両に乗ってる時に」「踏切で警察官らが何か探してた」「凄い汽笛が聞こえたと思ったら人身事故だった」「朝から人身事故で電車内に閉じ込められた」などと現場の情報に関するツイートが多数ありました。

現時点では、飛び込み自殺を図ったことによる人身事故なのか、または誤って線路内に立ち入り電車と接触したのかなどの詳しい事故原因については不明。

東武東上線は今年30回目の人身事故となりました。

警視庁は電車と接触した方の身元の確認を急ぐとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

東武東上線の成増駅付近で人身事故…Twitterでの反応

東武東上線の下赤塚駅~成増駅間の踏切で、電車と人が衝突する人身事故が起き、通勤ラッシュと重なり駅が混雑したことなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

人身事故現場付近(東京都板橋区成増)場所の地図

以下、踏切で人身事故が起きた場所付近・東京都板橋区成増二丁目「成増駅」の地図(Googleマップ)。

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. ヨウサマ

    東武東上線は元旦恒例の人身事故です。それも8時台、11時台で何故か新河岸からふじみ野駅です。ふじみ野市、富士見市は富士山が見えるから、そう名付けた様だ。また、東武練馬から大山当たりは午後からです。人身事故は、2〜3日に多いです。都内百貨店の初売りだから辞めてくれ〜

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.