杉並区でダンプカーが歩行者はねる死亡事故「携帯電話を見ていた」

最終更新■

東京都杉並区の交差点で2月1日、歩行者がダンプカーに轢かれ死亡する事故が起きました。携帯電話見ていた脇見運転が事故原因。

警視庁は過失運転致傷の疑いで、ダンプカー運転手・石井大輔容疑者(30)を現行犯逮捕しました。

発表によりますと2月1日午前0時ころ、杉並区の交差点で、石井大輔容疑者のダンプカーが右折した際、横断歩道を渡っていた時田豊徳さんをはねたということです。

「ダンプカーが歩行者をはねた」などと警察に110番通報があったことで事故が発覚。

この通報を受け警察官や救急隊らが現場にかけつけたところ、時田豊徳さんが意識不明の状態で倒れていました。

時田豊徳さんは病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けましたが、間もなく死亡が確認されました。

警察の調べに石井大輔容疑者は「ダッシュボードに置いてた携帯電話を見ていてた」「全く前を気にしていなかったので、横断歩道でぶつかるまでわからなかった」などと話しました。

この事故にインターネット上では「車は乗り方次第で凶器だから」「夜中の事故は男性が亡くなっていたのか・・・」「脇見運転は本当に危ない。」「携帯に集中せず運転に集中しろよ」などと様々な声が多数ありました。

警視庁は過失運転致死に切り替え、石井大輔容疑者から事情を聴くとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

杉並区でダンプカーが歩行者はねる死亡事故のニュースのキャプチャ画像

画像出典:NNN

関連する犯罪の法定刑

過失運転致死傷罪…7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金
危険運転致死傷罪…15年以下の懲役

杉並区で死亡事故、ダンプカーが歩行者はねる…Twitterでの反応

杉並区の交差点でダンプカーが歩行者の男性をはね死亡させる事故が起き、当時、携帯電話を見ていたなどと説明していることなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

死亡事故現場付近(東京都杉並区)場所の地図

以下、脇見運転していたダンプカーが歩行者をはねた事故現場付近・東京都杉並区の地図(Googleマップ)。

コメント掲示板

コメントが投稿されてから表示されるまでタイムラグが発生する可能性があります。なお、誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.