筑紫野市で虐待事件 8歳女児を縛り裸で水風呂 八尋潤容疑者と母親逮捕

最終更新■

福岡県筑紫野市で、8歳の女の子の体を縛り無理やり水風呂に入れるなどの虐待をしたとして、福岡県警筑紫野署は2月21日、傷害の疑いで母親と内縁関係の男を逮捕しました。

傷害の疑いで逮捕されたのは、筑紫野市に住むアルバイトの母親(29)と、同居する内縁関係で自営業・八尋潤容疑者(29)です。

発表によりますと容疑者らは共謀し1月24日午後2時45分ころ~同日午後6時ころまでに、筑紫野市の自宅で小学2年生の女児(8)の両手首を縛り、裸の状態で無理やり水風呂に入れケガを負わせた疑いが持たれています。

また、八尋潤容疑者は女児を数回殴るなどの暴行も加えていた模様。

1月25日、女児の通う小学校から「虐待の疑いがある」などと福岡児童相談所に通告があったことで発覚。

この通告を受け福岡児童相談所が女児を保護し、警察に通報したことで逮捕に至りました。女児の体には縛られた痕や、複数のあざがあったということです。

警察での取り調べに対して母親は「水風呂に入れる際、共謀して両肩を押さえつけた」などと供述、八尋潤容疑者は「水風呂に無理やり入れたり殴ったりした」などと供述し、いずれも容疑を認めています。

八尋潤容疑者らは、しつけと称し日常的に女児に虐待をしていた可能性が高いとみられています。

この虐待事件にインターネット上では「子供を虐待するやつの考えが理解できない」「産んだからには責任持って育てるべき」「こういうヤツは死刑でよし」「子供をストレス発散の道具だと思ってるのかな?」などと様々な声が多数ありました。

筑紫野署は傷害の疑いで、八尋潤容疑者らから事情を聴くとともに、日常的に虐待があったのかなどについて詳しく調べています。

筑紫野市で虐待事件のニュースのキャプチャ画像

画像出典:ANN

関連する犯罪の法定刑

傷害罪…15年以下の懲役または50万円以下の罰金

筑紫野市で虐待事件、8歳女児を水風呂に入れる…Twitterでの反応

筑紫野市で母親と内縁関係の男が、8歳の女児の両手を縛り水風呂に入れ殴るなどの虐待をしていた事件について、Twitter上でも大変な話題となっていました。

虐待事件現場付近(福岡県筑紫野市)場所の地図

以下、8歳女児が虐待されていた事件現場付近・福岡県筑紫野市の地図(Googleマップ)。

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.