東京家裁で殺人未遂事件 離婚調停中のアメリカ国籍の夫が妻の首刺傷

最終更新■

東京都千代田区・霞が関の東京家裁で3月20日、アメリカ国籍の男が女性を刃物で刺す殺人未遂事件が起きました。

警視庁は殺人未遂の疑いで、アメリカ国籍の男(32)を現行犯逮捕しました。

発表によりますと3月20日午後3時20分ころ、千代田区・霞が関の東京家庭裁判所の玄関付近で、女性(31)が男に刃物で首を刺されたということです。

「裁判所の1階にある玄関で女性が男に首を刺された」などと警察に110番通報があったことで事件が発覚。

この通報を受け警察官や救急隊らが現場に駆けつけたところ、玄関付近で女性が首から大量の血を流し倒れていました。

女性は病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けているということですが、意識不明の重体です。

女性を刃物で刺したのは離婚調停中の夫で、女性は離婚調停の協議のため東京家庭裁判所を訪れたところ、突然、持ち物検査の前に襲われたということです。

男は女性が東京家裁に来るのを待ち伏せしていたとみられています。

犯行後、男は現場から日比谷公園の中を走って逃走していましたが、警察官が取り押さえ殺人未遂容疑で現行犯逮捕しました。男は自分の腕を刃物で刺し負傷していました。

逮捕時、男は凶器に使った刃物のほか、折り畳み式ナイフなど3本を所持していたということです。これらのことなどから、男には強い殺意があったとみられています。

東京家裁周辺には規制線が張られるとともに、通行人らが様子を伺い騒然としています。

以下は、Twitterユーザーが投稿した現場の画像です。

東京家庭裁判所で殺人未遂事件が起きた現場の画像

画像出典:https://twitter.com/takecietanaka/status/1108256101651275776

Twitter上では「東京家裁で殺人とか怖すぎ」「家庭裁判所に大量の警察官や消防隊らがいた」「離婚が殺人事件に発展か…」「霞が関で殺人とか物騒だな」などと様々な声が多数ありました。

警視庁は殺人未遂容疑で、男から事情を聴くとともに、事件に至った経緯や犯行動機などについて詳しく捜査を進める方針です。

東京家裁近くで女性が切られる 男は外国人風(19/03/20)

2019/3/20 Youtubeにアップロードした動画

関連法定刑

関連する犯罪の法定刑

殺人罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役
殺人未遂罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役
銃刀法違反(刃物類)…2年以下の懲役または30万円以下の罰金

東京家裁で殺人未遂事件…Twitterでの反応

千代田区・霞が関の東京家裁で離婚調停中の女性が夫に刃物で刺される殺人未遂事件が起きたことなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

殺人事件現場(東京都千代田区霞が関)場所の地図

以下、女性が刃物で首を刺された殺人未遂事件現場・東京都千代田区霞が関1丁目1−2「東京家庭裁判所本庁」の地図(Googleマップ)。

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.