守口市駅で人身事故「悲鳴と衝突音」2日連続京阪線遅延 飛び込み自殺か

最終更新■

京阪本線の守口市駅で3月27日、人身事故が起きました。2日連続で飛び込み自殺か。

発表によりますと3月27日午前8時44分ころ、京阪線の守口市駅の構内で、電車と人が接触する人身事故が起きたということです。

この人身事故の影響で、京阪線は淀屋橋駅~三条駅~出町柳駅間の上下線で運転を見合わせ、午前9時20分ころに運転を再開しました。

以下は、Twitterユーザーが投稿した現場の画像です。

守口市駅で人身事故の現場画像

画像出典:https://twitter.com/gato_negro06122/status/1110709638192750592/photo/1

京阪本線の守口市駅で人身事故が起きた車両の画像

画像出典:https://twitter.com/Express2226F/status/1110708504417820672/photo/1

現場には大勢のレスキュー隊や救急隊らが駆けつけるとともに、けが人の救護活動が行われました。なお、激しい衝突があったということですが、電車と接触した方の安否やケガの程度は不明。

人身事故現場にいた方の「悲鳴と何かがぶつかる音がした」という現場情報のツイートがありました。

守口市駅のホームには規制線が張られるとともに、利用客らが心配そうに様子を伺い一時騒然としました。

通勤ラッシュの時間帯ということもあり、人身事故の影響を受けた駅では利用客で大変混雑しました。

Twitter上には「ガリガリって音がして止まった」「警察や駅員が車両の下を確認してる」「何かとぶつかった衝撃あった」「車掌さん声が震えてる」などと当時の現場の情報に関するツイートが多数ありました。

現時点では、飛び込み自殺を図ったことによる人身事故なのか、または誤って線路内に立ち入り電車と接触したのかなどの詳しい事故原因は不明。

大阪府警は負傷者の身元の確認を急ぐとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

2日連続で遅延、高齢男性が飛び込み自殺

守口市駅では3月26日午前10時5分ころにも人身事故が起きており、27日の人身事故で2日連続の運転見合わせとなりました。

26日の人身事故では、高齢男性が通過中の特急電車(出町柳発-淀屋橋行き)にはねられ死亡しました。

ホームの防犯カメラには高齢男性が自ら線路内に飛び込む様子が映っていたことなどから、飛び込み自殺を図ったことによる人身事故とみられています。

以下は、Twitterユーザーが投稿した26日に起きた人身事故の現場画像です。

守口市駅で高齢男性が飛び込み自殺を図った人身事故の現場画像

画像出典:https://twitter.com/shigure22112/status/1110364895646609408/photo/1

守口市駅で人身事故…Twitterでの反応

京阪線の守口市駅の構内で電車と人が衝突する人身事故が起き、2日連続で飛び込み自殺の可能性もあることなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

人身事故現場(大阪府守口市寺内町)場所の地図

以下、電車と人が衝突した人身事故現場・大阪府守口市寺内町2丁目1「守口市駅」の地図(Googleマップ)。

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 匿名

    ホームドアがあろうが無かろうが、決心した人には関係ない。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.